「量り売り」が復活■

今、東京のお酒屋さんやデパートでは、お酒の「量り売り」が人気となっている。
甕や樽、ボトル、1升ビンなどから、必要な量だけ小分けして売ってくれるシステムで、一人暮らしで飲みきれないという人や、ちょっとずついろいろ試したいという人にとても喜ばれているのだとか。
日本酒、焼酎、ワイン、リキュール、ビールとお酒も多彩で売り方にも工夫がある。
たとえば、酸化しやすいワインは樽に窒素ガスなどを添加し酸化しにくくしたり、工場から直送の新鮮な生ビールを専用ボトルで販売したりと、なかなかに魅力的だ。さらに、小分けするボトルもさまざまなタイプがあり、プレゼント用に重宝されているらしいし、ボトルを持参すれば、空き瓶がたまらないというのもうれしいかぎり。

なんて素敵なアイディア、なんで今までなかったのか…、と思ったけれど、昔のお酒屋さんは、たしかみんなこんな風に量り売りしてくれていたのだったなあ。徳利持っていけば、日本酒入れてくれたんだよなあ。

泡盛独特の「仕次ぎ」システムとは?■


ところでこの量り売り、最も真価を発揮するのは、泡盛ではないかと思っている。なぜなら泡盛の古酒は、「仕次ぎ」と呼ばれる独特な方法でお酒を熟成させるからだ。

このシステムは、古酒を入れておく「親甕」から古酒を汲みだした後、減った分を「2番甕」から「親甕」に注ぎ足す、「2番甕」の減った分を「3番甕」から注ぎ足す、「3番甕」の減った分に「新酒」を注ぎ足す、というように次々に足していくので、いつまでも古酒がなくなることがなく、おいしいままに保存できるというもの。
量り売りする甕を「親甕」にすれば、常にいい状態の古酒を汲みだしできるし、売り切れることがないわけだ。
この「親甕」を無償貸し出ししてくれるというのが、沖縄県宮古島の株式会社多良川。中身は、アルコール43度の五年古酒。割り水なしの原酒だ。


さんご礁が隆起してできた宮古の土壌は、浸透性の高い琉球石灰岩。そこから沸き出るミネラル豊富な硬質水を仕込みに使った、『多良川原酒』は、ほんのりとした甘味と独特なミネラル風味、さらに上品な香ばしさをたたえた味わいが印象的。新酒(一年原酒)も販売しているが、五年原酒はなめらかさが増し、まるでシングルピュアモルトのような深みが楽しめる。

■親甕の貸し出し、可!!■
貸し出ししてくれるのは5升と3升で、どちらも蛇口付き。お酒屋さんだけでなく、飲食店のカウンターなどでもそのまま使えそうだ。量り売り用のボトルやラベルは配布してくれるし、もちろん中身が少なくなれば「仕次ぎ」用のお酒のみも売ってくれる(←これが重要)。
仕次ぎの「親甕」から直接古酒を買えるなんて、うれしいではないか。本物感を味わえるし、お酒の席の話題にもなる。琉球ガラスのボトルをあれこれ揃えて、小分けして売るのも風情があっていいかもしれない。
そんなお酒屋さんだったら、ちょっと遠くても買いに行ってしまうだろうなあ。

東亜商事株式会社 酒類事業部
 ? 03-3294-4075
株式会社多良川 那覇営業所   担当 砂川
 ? 098-948-3713
 仕次の酒  30度   1,8L   2,453円




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。