越後高田(上越市)は知る人ぞ知るお酒三昧の町。日本のワインぶどうの父『川上善兵衛』によって開拓された岩の原ワイナリーのほか、地酒に地ビールまで一気に楽しめるということで『バッカス街道』と呼ばれている。
岩の原葡萄園、樽貯蔵庫の入り口
   岩の原葡萄園、樽貯蔵庫の入り口

株式会社岩の原葡萄園は明治に建てられた樽熟庫が見事で、上越市文化財指定を受けている価値あるワイナリー。
今回は、わが師匠田崎真也氏のオリジナルブランドを造っているのと、雑誌の取材で面識のある岩の原ワイナリーを久しぶりに訪問した。

そう、今回は日本酒サイトといえども、ワインから始まるのだよ。


うっすらと残る雪とぶどうの樹
    うっすらと残る雪とぶどうの樹

本来ならば3月初めはどっかり積もった雪に覆われているのに、今年は本当に雪が少ないのだとか。
ぶどうの樹にとっては、ちょっぴり過ごしやすい冬かもしれない。
藤沼さん。ご説明ありがとう
      藤沼さん。ご説明ありがとう



ここのおすすめ銘柄はなんといっても『深雪花』。日本ならではのマスカット・ベリー・A種から生まれる甘くジューシーで柔らかい辛口の赤ワインが人気。

地元のお寿司屋さんで飲まれているのが『菊水印』の赤白。さらりとしていて飲み飽きしない。

テイスティングしてご陽気な人たち
    テイスティングしてご陽気な人たち


広報の藤沼さんは、親切に質問に答えてくれるスペシャリスト。

訪ねた際には是非一声かけてあげて。

富寿しの入り口。入りやすい
     富寿しの入り口。入りやすい。
で、この、藤沼さんに連れられていったのが『富寿し』(高田駅前店 0255-524-5181)。
数年前に来たときとは見違えるように綺麗になっているので不思議に思ったら、火事で全焼し建てかえたのだとか。
白身など日本海の幸の握り
      白身など日本海の幸の握り

日本海の白身がおすすめだけど、いや、もう、なんてったって、ご飯が美味しいの。もちもちの噛み応えが、ああ、たまらん。東京からすると大き目の握りだけど、ご飯が美味しいからいけちゃうのよ~ん。
満腹になったら、上杉謙信ゆかりの春日山をお散歩。上越市から日本海を見渡せて気持ちがいい。