やっぱし私は博多が好きだ。
だって美味しい魚と美味しいお酒が満載なんだもの。
何より今回おすすめなのは、この金額で、こ~んなに美味しいお魚が、こ~んなに一杯食べられるの~、おまけに前は海~、というスポットをご紹介したい(ホントはしたくないくらいの穴場)。
白身好きなら、博多市内から即座に車を飛ばして、宗像郡津屋崎町に行くべし。目指すは「割烹旅館 弥太楼“花杏“」だ。
旅館とあるけど食事だけでもOK。今回は小春日和の日本海を眺めながらのランチ5,000円のコースにしてみた、が、しかーっし、なんという量、なんという旨さ。
平目と伊勢エビの活き造り。奥がいとしのあわび様
    平目と伊勢エビの活き造り    奥がいとしのあわび様
どどーんと盛られた平目(春以降は鯛)、伊勢エビ、あわびの舟盛りにもう完全腰砕け。とくにあわびと聞いたら、目はハートマーク、腰はくにゃくにゃ、おもわず誰それかまわずしなだれかかってしまう私なのである。おまけにどれもこりこりさくさくの新鮮さ。ふふ~ん、たまらんぜ~。ぜ~ぜ~~。
もちろんこれに、「もだま」なる地魚や赤身、光り物など普通のお造りも付くし(メチャうま)、繊細なじゅんさいと白魚のお吸い物や、茶碗蒸、煮魚、焼魚、あれもこれもそれも、いっぱい付くうえに、さっきの平目ちゃんの唐揚までしてくれる~。ああ、神様、こんな幸せがあっていいものでしょうか。(海を見つめながら遠い目。。。)
そだ、酒だ酒だ酒もってこーい、と出てきたのは、地元は翁酒造の純米酒(ここんちのPB)で、すっきり軽やかな味わいは、白身魚の味をさらにパワーアップさせてくれる。幸せなランチ、ここにあり。

「いし松」の入り口。庶民的で入りやすい
「いし松」の入り口。庶民的で入りやすい
しかし夜は夜で飛ばすぜ、晶子。新鮮で安い、博多ならではの「ふぐ」いっときましょう。
今回は、春吉3丁目の『ふぐ大将 いし松』にトライ。玄海産天然とらふぐにこだわる店でコース8300円。ボリュームあり。
ちなみに、白子塩焼き1,000円だあ。こりゃあいかねばなるまい。
とらふぐ刺し一人盛り
   とらふぐ刺し一人盛り
ふぐちりはまず骨周りの身を入れて出汁を取る。
さらに薄切りした身を、しゃぶしゃぶしゃぶ~っとして、ほんのり白くなったところを、さっくりホグホグといただく。
歯ごたえと甘味が増すでしょう。
白子は塩焼きに限る
   白子は塩焼きに限る

ああもう、私はまぎれもないシャブ中よお。
もちろん、お供はヒレ酒です。

さて、中州での怒涛の飲み会の後は、もちろん、ラ~メ~ン。今回は今人気という若久の『八ちゃん』に行ってみた。
八ちゃんのラーメン
   八ちゃんのラーメン

多分ご夫婦であろうお二人が切り盛りするここのラーメンはかなりのコッテリ系。スープの表面に1センチほどの脂の層ができている。麺はシコシコ細麺でイケル。
残念ながら私は全部食べきれなかったが。小さ~い小さ~いぎょうざはあっさりでグーでした。さすが行列に並んでいるのは若者が多いよう。みんな、体力あんのね~。
そしてその夜は、グランドハイアットのワインバーで赤ワインをちびりとやってお休みなさいませ。ZZZZ。