「コウノトリ(幸の鳥)は幸せを運ぶ鳥として古来から珍重されております。
それは鸛がどこからかはこんでくる、良縁だったり新しい命の誕生であったり。そして、人々はこの神様の使いに良き日を感謝し、再びおめでたいことが訪れることを願います」

こんな説明が裏ラベルに書かれた「鸛」。まさに新しい命の誕生を祝うには、もってこいのお酒です。蔵元は、岩手のあづまみね。南部杜氏発祥の地といわれる、紫波郡の伝統ある蔵。すべてのお酒を無濾過にするなど、意欲的な酒造りも行われており、この「鸛」は岡山県産の雄町を100パーセント使用、精米歩合50パーセントのシンプル純米吟醸酒。


雄町らしいしっかりとした力強い味わいのなかにも、ふくよかな旨味となめらかさがあり、ふんわりと体を包んでくれるような、包容力のある印象。
そう、ちらりとテレビで垣間見た、雅子様に抱かれた新宮様の、赤味がさした張りのあるほっぺたみたいな感じです。生き生きとして躍動感があって・・・・。
さあ、皆さんも、幸せが訪れることを願って、乾杯しましょう。

このお酒は、限定酒などに力を入れている、横浜中華街「一石屋酒店」で手に入れることができます。ご興味ある方は、のぞいてみては。
今回の友田おすすめは、このお店のファンの方にご紹介いただきました。
タイムリーなお酒のご紹介ありがとうございました。


■あづまみね「鸛(コウノトリ)」純米吟醸無濾過生原酒 1.8l 3800

あづまみねホームページ(制作中。お楽しみに) 
■横浜中華街「一石屋酒店」 TEL:045-681-2221

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。