爽やかな口当たりと深いコクが印象的な「フェタ オーガニック」

フェタ料理

名高きナチュラルチーズの専門店、株式会社Fermier(フェルミエ)が輸入元となっている
「フェタ オーガニック」。
こちらは、エーゲ海の東に位置するレスヴォス島産のもの。ワタシがこのフェタを気に入っているところは、なんといっても、口にいれたときに爽やかな味わいが広がるところだ。

青りんごを想わせる香りが広がったと思ったら、後を追うように軽く清涼感のある酸味がやってくる。まずこの段階で驚きましたね。しかも、舌を上あごにこすりつけるようにじっくりと味わうと、甘く濃厚な旨みもひょっこりと顔をだす。

原料には羊乳70%、山羊乳30%を使用しており、羊乳のコクと山羊乳の酸味が面白いくらいにバランスよく引き出されている。混乳製ならではのおいしさがじゅうぶん楽しめるのだ。

フェタは、一般的にポロリとした食感が印象的だが(いままで日本に流通していたものは)、この「フェタ オーガニック」は、比較的しっとりとしていて食べやすい。しかも新鮮味がある。塩分濃度も他のフェタに比べると低めだから、塩抜きをせずに食べられるところもいいのだ(もし塩分が気になるようでしたら、水に漬けてお使いくださいね)。

この「フェタ オーガニック」。聞けば、現在在庫があるのみで、次回の入荷は未定なのだそう。しかも、いまはセール中。これからの季節はフェタがますますおいしく感じられる時期。なるべく多くのかたにフェタのおいしさを知ってほしくて、今回チーズの情報をお届けしました。
エーゲ海の爽やかな風を感じながら、きりりと冷えたワインといかがですか?

購入できるお店

「フェタ オーガニック」

のほか、フェルミエ愛店宕、東急東横店、札幌店でも購入できます。

オーガニックチーズとは


オーガニックチーズに関しては、
コチラ↓をご参照ください。
オーガニックチーズとは

フェタを使ったレシピ

ギリシャチーズ「フェタ」のレシピ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。