どこまでも続く大草原、のんびりと草を食べる羊や馬たち、点在するゲル(移動式テント)・・・。モンゴルといえば、そんなイメージを思い浮かべる人が多いのではないだろうか?そう、モンゴルの草原を訪れれば、自然と共存した素晴らしい生活を目にすることはできる。がその一方で、首都ウランバートルの中心地に一歩足を踏み入れると、ビルが立ち並び、夜ともなれば煌びやかなネオンが目に飛びこんでくる。
大自然に、あれっ?と思ってしまうような都会的な光景。各国にいえることなのだが、モンゴルでも近代化の波が押し寄せ、さまざまな局面を目の当たりにすることができる。

そんなモンゴルで、ウランバートル中心地のマンション暮らし、草原の村の暮らし、草原のゲルに暮らしているお宅におじゃまをして、さまざまな“食”に触れることができたのでご紹介をしたいと思う。ちなみに、私が訪れた時期は6月。今回は草原編、続いて都会編の順にご紹介していこうと思う。

草原の村生活

村の様子
モンゴルの食をご紹介する前に、まずは草原の様子から。
こちらは大草原に佇む小さな村。どの家屋も木で建てられ、家屋のまわりには家畜を守るための木の柵が。家庭によってはゲルを併設しているところもある。村には病院や学校もあり、施設は充実している。

家のなかにはコンロや調理台、テレビなどがひととおり揃っており、ソーラーパネルで発電して衛星受信でテレビを見ることもできる。

草原のゲル生活

ゲルの様子

そしてこちらは、ゲル生活の様子。各家庭でいくつかのゲルを保有し、家畜とともに生活をしている。太陽が昇ると1日が始まり、女性達が働き出す。最初の仕事は乳搾り。仔馬や仔ヤギを母親のところへ連れて行き、しばらく乳を飲ませた後に乳を搾る。

私がおじゃましたお宅には電気や水道はなかったが、最近では太陽光発電システムをつけているところもあるのだとか。トイレは草原の村生活を営むお宅には屋外に備えられていたが、こちらにはない。みんな自然と向き合って、大草原のなかで用をたす。
そうそう、トイレといえば、私が夜中にトイレに行くときには“必ず”誰かを起こしてね。とお母さんに念を押されたのだが、これ、なぜだかわかります?
・・・犬に襲われるからですって。ひぇ~。これを聞いてから、ワタクシ、夜中はなるべくトイレをガマンいたしました。おほほ。

さて、次のページからは食をご紹介。