内モンゴルの名物料理は多種多様

ボーザ

左はモンゴルの主食ともいうべきモンゴル版蒸し餃子「ボーズ」。
皿にドカンと豪快に盛られ、ひとつひとつがかなりの大きさ。皮ももっちりしているので食べ応えはじゅうぶん。具は豚肉などいろいろあるが、羊肉が一般的。干し羊肉を入れることもある。肉のほかには白菜の漬物やシャーツォンと呼ばれるネギのような青菜の漬物を入れたりもする。
右は大きな大きな揚げ餃子「ホーショール」。皮は外がカリカリで中がモッチモチ。具は少なめ。量は食べられないけれど、どちらかというと、ワタシはボーザよりもホーショールのほうが好みかな。香ばしさがクセになる。

シャーツォン

砂漠のネギと呼ばれる「シャーツォン(フンムゥリ)」。その名のとおり、砂漠のような環境下でも地中にしっかり根をはって育つたくましい野菜。辛さとほろ苦さをあわせもち、香りが高いのが特徴。食感はシャキシャキ。じゃがいもやにんにくをたっぷりと加えて、醤油ベースのタレで和えたり、煮込んだり炒めたりと。左はじゃがいもがはいっており、左はにんにくベースのさっぱり味。