カスピ海ヨーグルトの産地「グルジア」は美食の国

突然ですが、グルジアという国をご存知ですか。
なんでもグルジアは、独自の食文化を築いていて、かなりのグルメ国らしいですよ。

グルジアは、黒海とカスピ海に挟まれた、コーカサス地方に位置する国。あの“カスピ海ヨーグルト”の産地として一躍有名になった国である。(といっても、面白いことにグルジアはカスピ海に接していないのですが。)

グルジアがグルメ国“らしい”と書いたのは、行ったことがないから。
カスピ海ヨーグルトでこの国が注目され始めるまで、実はグルジアをまったくマークしていなかったワタクシ・・・。
“グルジアってどこにあったっけ?確か東欧だよね?ロシアに近いような気がするけど・・・。ロシアのまわりって国が入りくんでいて、いまひとつわからないのよね。” 情けないかな、わたしの知識はその程度だったのである。

数多くのグルジア料理をいただける「カフェ・ロシア」

地図
グルジアの地図。右の青い部分がカスピ海。左は黒海。
ところが地図で調べてみると、トルコとロシアに接し、アゼルバイジャン、アルメニアとともにコーカサス地方と呼ばれていることが判明(アゼルバイジャンとアルメニアは、地図ではグルジアの下)。コーカサスといったら確か・・・

と、歴史や農作物などを調べてみると、歴史的にさまざまな国とのかかわりがあり、食材がとても豊富。
料理は、歴史を反映するかのごとく、多くの国の影響を受けていて、バラエティー豊か。そして古くからぶどうも栽培され、美味しいワインがたくさん造られているという。なんとロシアでは、このあたり一帯はグルメ国として知られているというのだ。

とまあ、これだけわかると、食べたい!という衝動にかられずにはいられないワタクシ。よし、現地へ食べにいくぞ!とおもっても、諸々事情があり、そう簡単にはいかず・・・。じゃあ東京で。と思っても、悲しいかな、グルジア料理を本格的に出す店はない。(数品だけ出す店はあるけれど。)
ううむ。と残念に思っていたとき、彗星のように現れたのが、この「カフェ・ロシア」である。