Pilav ~ ピラウ~



トルコのピラウ(ピラフ)には米、ブルグル(ひき割り小麦)、小さい米粒のようなパスタなどをつかったものがありますが、普段家庭でよく作られるのは、米をつかったシンプルなバターライス。

ロカンタ(レストラン)では白いんげん豆のトマト煮込みにかけて食べたり、お肉や野菜料理のつけあわせとして出されるのが定番。
最近ではピラウは独立した一品料理としても出されていますが、昔はあくまでもエキメッキ(パン)が主食で、ピラウはお肉や野菜などについてくるサイドディッシュという位置付け。
なんとトルコでは、いまでもピラウをおかずにエキメッキ(パン)を食べる・・・なんてことはあたりまえ。

トルコ人が大好きなピラフのレシピをご紹介します。


もっともポピュラーな、パスタ入りのバターピラウ
シェヒリエリ・ピラウ(小さなパスタいりバターピラフ)

◆ 材 料 ◆ 4人分

米2合、シェヒリエ(※)30g、バター15g、マーガリン15g(なければそのぶんバターの量を増やしてください)、塩小さじ1、水(お湯)米の1.5倍

※ 左がトルコのお米(お料理上手のトルコの主婦オススメのブランド)。
日本のお米に比べて少し長めなのが特徴。
なければもちろん日本のお米でも大丈夫です。


これがシェヒリエ(パスタの一種)。
リーゾというイタリアのパスタ(ディチェコ社からだしています)や細めのロングパスタを1cmくらいに切ったものでも代用できます。



◆ 作り方 ◆

【1】お米は大さじ1/2杯の塩をいれたたっぷりの熱湯に30分くらい浸水させ、洗って水気をきっておく。

【2】鍋にバター、マーガリンを溶かし、シェヒリエがきつね色になるまで強火でしっかり炒める。
※マーガリンをいれるのは、焦げつきを防ぐため。

【3】お米をいれ、お米にまんべんなくバターがまわり、透明になるまで混ぜながら炒め、お米の1.5倍の熱湯、塩を加える。


【4】1度かきまぜてフタをし、弱火で約8~10分、水分がなくなりお米が立っている状態になったら火を止め、ふきんをかぶせて10分蒸らす。(写真右)



【5】軽くかきまぜてまたフタをし、もう5分蒸す。


ピラウを器に盛り、豆やチキンのトマト煮込みや、野菜のグリルなどをのせて、ヨーグルトを添えて出来上がり!
↑“えっ、ヨーグルトをかけるの?!”とびっくりするかもしれませんが、これがトルコ流。さっぱりするんですよ。1度だまされたとおもって、ぜひチャレンジしてみてください。

◆関連記事◆
トルコからの本場レシピ【1】メルジメッキ チョルバ(レンズ豆のスープ)
トルコからの本場レシピ【2】カヌルヤルック(ナスの挽き肉詰め)
トルコからの本場レシピ【3】ストラッチ(ライスプディング)
トルコの名物サンド「サバサンド」
トルコの人気メニュー「キョフテ(トルコ版肉団子)」



◇ 美味しい情報が満載!の~エスニックガイド~のメール
マガジンを購読してみませんか? もちろん無料! ◇

↑こちらをクリックして、ぜひ登録してみてくださいね。
お待ちしています
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。