“今日はなんとなく疲れていて、何品も料理を作るのはどうも…。”

“休日の朝はゆっくり寝ていたいから朝ごはんは簡単なもので…。”

“え~、いまからお客さまがくるの?!冷蔵庫には食材が少ししかない…。”

なんていったときに役立つのが“保存食”


このように、日持ちするものを冷蔵庫に常備しておくと、なにかと便利。
この保存食も作るのがめんどうとおもうかもしれませんが、一回作ると数日間日持ちするので、そのままで何日間か食べて楽しみ、飽きてきたらアレンジすると目先が変わり、だいたい7日間は飽きずに食べられます。

数日間の労力がなんと短縮されるというわけです。それにこの料理は日にちが経てば経つほど美味しさが増してくるときてる。
みなさん、こんなおいしい話はないとおもいませんか。
 (なんだか勧誘のよう?!になってしまいましたが。。。)

そんなわけで、次のページで私のオススメの保存食を紹介したいとおもいます。
今回は、ご飯のオトモとしてはもちろんのこと、お酒にもとてもよく合う、乾きもののおつまみとして一番に思い浮かぶ、“さきいか”をつかった『 さきいかの韓国風和えもの 』デス。


では、→をクリックして次のページへどうぞ☆