スパニッシュをベースにした美味料理

天然鰻料理

私が世界一の天然鰻料理と確信している「天然のウナギ 赤玉葱 黄色のパプリカ」

コース価格は2015年現在のディナー15000円(税サ別)コース一本。ランチは7200円コース(税サ別)となっています。

メニューは全て書くと長くなりますが、この店の料理構成を知ってもらう意味で、思い切って全部掲載することにします(2012年8月のディナーメニュー)。以下、この日のコースメニューです

ディナーコースより

天然鮎料理

島根産の天然鮎を使った「パスタトラットデマーノ 天然の鮎 ルコラセルバチコのソース」


前菜
・トマトのシャーベットと発酵させた河内晩柑のスープ

・チーズボール

・ピスタチオのマシュマロ

・露の滴が落ちた緑の葉

・気泡をたくさん含ませたトマトのパン

・鱧 ホオズキ 水茄子とディル

・豆類 白エビ

・掘りたての新じゃがいも 

・天然のウナギ 赤玉葱 黄色のパプリカ  

・パスタトラットデマーノ 天然の鮎 ルコラセルバチコのソース

・9週間熟成させた但馬牛 酢漬けにしたラッキョウ のこぎり草

・桃のコンポート ルバーブ

・マンゴ 夏苺 安曇ベリー

・赤い果実のミニドーナツ

・fujiyaのボンボンチョコレート

以上、全16品(パンと食後ティを除く)の多皿構成。しかもお値打ちです。

真のガストロ料理

熟成肉料理

9週間熟成させた但馬牛(中勢以) 酢漬けにしたラッキョウ のこぎり草

味に関しては、どれも素材の持ち味を存分に生かした調理で、上手く仕上げてあります。特に今回のコースは夏ということで旬の「天然鰻(熊本産)」や「天然鮎(島根産)」が出てきましたが、どれも素材を活かしきった超傑作級のクオリティ。中勢以さんの熟成肉を使ったメイン料理(写真上)も、熟成肉の凝縮感を最大限に引き出してありましたし、どの料理をとっても、ここまで素材の良さを高めることが出来るシェフの才気には感服しますね。見た目の美麗さだけではなく、ちゃんと味のバランスや素材を活かした工夫が施されており、現在のシェフの料理は「美味しさ」という点においても、究極の域に到達していると言っても過言ではないでしょう。


極めて美麗な料理センス

「豆類undefined白エビ」と名付けられた一品。

「豆類 白エビ」と名付けられた一品。

料理の味が素晴らしいのはもちろん、あまりに美麗な料理世界に女性だけではなく、男性でもメロメロになってしまうかもしれません。

お値打ち感もありますし、これだけハイレベルなモダンスパニッシュの多皿料理が愉しめるのは、大阪ではここだけだと思います。まさに奇跡の一軒。今後も関西でもっとも好奇心と、舌を愉しませてくれるリストランテであり続けてくれることは、間違いないでしょう。

◇以下の料理は以前に訪問した時のものです。

鳥居。 サクラ。
チーズに埋め込んだプチトマト・マンダリン風味のタブレット・イカ墨ボーロ 玉葱の薄いパン

鳥居。 サクラ。
冷やした賀茂茄子とピスタチオのソース、青梅の香り クワハーダと南瓜、イチョウの香り

鳥居。 サクラ。
まずは注射器が登場。 小さな筒型パスタ、甘茶豆と凝縮したホロホロ鳥の玉子

鳥居。 サクラ。
フィルムに包んだ熱いプチトマトと和牛肉のエキス、トリュフ風味のカプセル ピュアなオリーブオイルとトマトのスープ

鳥居。 サクラ。
トリプルチップス 鴨胸肉のローストとオリーブオイルの絞りかす

鳥居。 サクラ。
レモンのマシュマロ オルチャータのスープ ティラミス

鳥居。 サクラ。
イチヂクと薔薇のゼリー、レモンのジェラート 自家製リキュール



<店データ>
■Fujiya 1935
所在地:大阪府大阪市中央区鎗屋町2-4-14
TEL:06-6941-2483
営業時間:12:00~13:00/18:00~20:00
定休日:日曜日、第一月曜日
アクセス:地下鉄堺筋本町駅から徒歩約5分
地図:Yahoo!地図情報

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。