量もすごいが、それだけじゃない!

確かに、量はすごい! でも、注目するべきは料理の丁寧さ
確かに、量はすごい! でも、注目するべきは料理の丁寧さ!
大阪駅からJR環状線で1駅、福島駅近くのビストロ「大西亭」。関西在住のフレンチ好きの方なら、ご存知ではないでしょうか。数年前、雑誌『Hanako West』に取り上げられ、予約が殺到。一時、「予約は毎月1日の14:00~17:00のみ受け付け」という状態にまでなっていたお店です。

そして、このお店の取り上げられ方は、どの雑誌等でも同じでした。「とにかく量がすごい!」「本場フランス並の量!」と、まるで料理の質ではなく、量だけがすごいように書かれることが多かったのです。確かに、フレンチでは見た目の華やかさ・繊細さを優先して、量が少なく、食べ終わった後に物足りなさを感じるお店もあります。それに対して、この「大西亭」は、満足できる量を提供していることに間違いはありません。しかし、 あえて僕はこのお店で特筆すべきは量ではなく、料理の質だと思っています。

本場フランス並の量と味は本物志向の方向け

さて、このビストロに行くのは、こんな気分のときがおすすめです。

1.おなかいっぱいフレンチを食べたい
2.しっかりした味付けの料理を食べたい

メインの羊は直径30cmはあるココットにいっぱいで出てきます
メインの羊は直径30cmはあるココットにいっぱいで出てきます
1つ目は、本当に量が多いから。たとえば、「仔羊・シュークルートのココット焼き」の付け合せのじゃがいもは、特大サイズのものがまるごと1個。メインのお肉の量も、普通のビストロの倍くらいあります。これだけの量ですから、体調は万全にしておいた方が、料理もちゃんと楽しめますよね。

2つ目は、濃い味を楽しめること。この店の味は、香辛料やソースをふんだんに駆使した、濃厚な味付け。本場フランスのビストロで出されるような、濃厚でいつまでも舌に印象が残り続けるような料理です。ジビエや内臓などの、クセの強い素材を使った料理も多いので、しっかりした味を楽しむつもりで行きましょう。

次ページでは、このお店の料理に見え隠れする丁寧さ、料理への愛情についてご紹介。