二人で音楽を共有したい!

iPhoneに、オーバーヘッド型ヘッドホンと、カナル型イヤホンを接続してみた。

iPhoneに、オーバーヘッド型ヘッドホンと、カナル型イヤホンを接続してみた。

携帯型オーディオプレーヤーは便利ですが、ヘッドホンでのリスニングが基本です。二人で出かけるような際は、それぞれが別々の音楽を聴くこともためらわれますし、結果、オーディオプレーヤーを使えない、あるいは使わない……という方が多いのではないでしょうか?

そこでオススメしたいのが、アダプターを使った音楽の共有。同じ音楽を聴きながら散歩したり、電車やバスで、流れる風景を楽しんでみてはいかがでしょうか?

実は、とても簡単な方法で、音楽が共有できるのです。その方法とは? 注意点やコツをご紹介しましょう。


まずはアダプターを入手する

PLANEX ステレオミニプラグアダプタ PL-SMP1J2undefinedAmazonで価格を調べる。

PLANEX ステレオミニプラグアダプタ PL-SMP1J2 Amazonで価格を調べる

実は、ヘッドホンの音声を分けるのに、特別大がかりな装置は不要。数百円の分岐用アダプターを追加するだけと簡単です。

オーディオプレーヤーの場合、直径が3.5mmのステレオミニプラグが基本で、ステレオミニプラグ(オス)→ステレオミニプラグ(メス)x2の変換アダプターが適します。

このアダプターはそれ程特殊なものでなく、各メーカーから発売されていて、大型量販店では店頭に並んでいるケースが多いでしょう。

■注意
オーディオプレーヤーとヘッドホンがセットの製品で、ヘッドホンケーブルに操作部(再生、停止、スキップ、音量調整機能)が内蔵されている製品の場合、アダプターや延長ケーブル類を使用すると、操作機能が働かなくなります。


音量の調整方法

ビクターステレオミニプラグ延長コード- Vol 付0.3mundefinedCN-M30V-B

ビクターステレオミニプラグ延長コード- Vol 付0.3m CN-M30V Amazonで価格を調べる

一台のプレーヤーに、アダプターを介して2つのヘッドホンから音を出すと、音量の調整に戸惑うかもしません。

異なるヘッドホンを使用する場合、ヘッドホンからの音量は二つとも同じになりませんので、調整が必要になります。

そんな時は、音量調整機能が付いた延長ケーブルを利用すると良いでしょう。

同じヘッドホンを利用すれば、ヘッドホンからの音量は二つとも同じになります。よほど音量の好みに差がない場合、個別の音量調整は不要でしょう。

■注意
音量が調整できるのは、ダイヤルやスライド式のものに限ります。オーディオプレーヤーとセットで同梱されている電子式(ボタンで本体の音量を上げたり下げたり遠隔操作するタイプ)のものは、音量調整が効きません。


音量調整のコツ

音量の異なるヘッドホンを使用する際の?量調整には、音量調整機能が付いた延長ケーブルの使用をオススメしましたが、1本あれば大丈夫です。調整の方法をご紹介しましょう。

  1. 2分岐アダプターとヘッドホン2つを接続して耳に装着し音を出す。
  2. 本体の音量を通常聴く程度に設定し、音が大きく鳴るほうを調べる。
  3. 音が大きく鳴る方のヘッドホンとアダプターの間に、音量調整機能付きケーブルを追加する。この際、本体とケーブルの両方で音量は最小に絞っておく。
  4. 音が小さい方のヘッドホン(音量調整ケーブルがない方)の音量が適切になるまで、オーディオプレーヤー本体の音量調整を使って音量を上げる。
  5. 最後に、音が大きい方のヘッドホンに加えた延長ケーブルの音量を徐々に上げて行き、適当な音量に調整する。


2台のヘッドホンを使うときの注意

今回は一台のオーディオプレーヤーに、手軽に2台のヘッドホンを接続する方法をご紹介しましたが、この方法では、オーディオプレーヤーの電池を通常よりも早く消耗します。また、音量を上げすぎると、オーディオプレーヤー本体が無理をして故障する可能性もあるので、あまり大音量で長時間使用しないよう注意してください。大音量で聴きたい場合は、別途ヘッドホンアンプなどの追加をおすすめします。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。