好きな異性のタイプ:“パーソナリティ重視派”の性格と恋愛傾向

■恋愛を理屈で進める頭でっかち?!
性格の好みを一番に挙げるパーソナリティ重視派は、望む恋愛のパターンが決まっている

性格の好みを一番に挙げるパーソナリティ重視派は、望む恋愛のパターンが決まっている


「優しい」「面白い」など性格を好みの条件として挙げる人は、恋愛相手の人間性や存在そのものよりも、「一緒にいて自分が楽しいか、心地良いか」という恋愛中の自分の状態を重視する傾向が強いようです。そこには、恋愛によって何かしらの良い影響を、相手から享受したいという貪欲な思いもあるのでしょう。

このタイプは意外と理屈っぽく、「私は(俺は)こういう性格だから、恋人はこういう性格の人がいい」など、自分や人をよく分析しています。多少頭でっかちなところもあって、一目惚れはしない、信じない、といった直感の鈍い人も多いかもしれません。

自分に向いている恋愛パターンというものを、ある程度固めてしまっている様子が伺えますので、感情的に盛り上がる恋愛には縁遠い人も少なくありません。しかし、相手との関係を真面目に考える分、交際中は誠実で、長続きすることが多いと言えます。

次のページでは、「好きな異性のタイプは?」と聞かれた時の答えから、それぞれに相性の良い相手を分析いたします。