好きな異性のタイプ:“ビジュアル重視派”の性格と恋愛傾向

■“見た目”で惚れるのは動物的な直感?!
顔や体つきの条件を一番に挙げるビジュアル重視派は、自分勝手な恋愛をするタイプ

顔や体つきの条件を一番に挙げるビジュアル重視派は、自分勝手な恋愛をするタイプ


顔や体つきなど、“見た目”の条件を真っ先に挙げる“ビジュアル重視派”は、動物的な直感によって恋をしていると言えます。動物は求愛行動に会話がなく、匂いなどを含む“見た目”で相手を判断しているわけです。このタイプは恋愛に多くの理論を持ち込まず、感覚や本能で異性を好きになるタイプです。長続きするかどうかは別として、情熱的な恋愛をしやすいでしょう。

よく、「人は中身だ」などと言われるように、外見で判断するのは浅はかだとする風潮もありますが、いやいや、私はそうは思いません。恋愛に視覚効果は非常に重要であり、見た目で惚れた相手の場合、多少のことは許せてしまうものです。直感には実体や確証がない分、不確かなものと思われがちですが、人間のそれはなかなか侮れないものなのです。

“ビジュアル重視派”は、イメージ先行型の恋愛をする傾向があります。直感が外れた場合は、勘違いや空回りの恋愛に陥りやすいのですが、まぁ、恋愛なんて大方が勘違いや空回りだと言うこともできるでしょう(笑)。このタイプは相手を思いやったり気遣ったりするよりも、自己中心的に感情を押し付ける傾向も強く、身勝手な恋愛をすることが多いようです。

次のページでは、「好きな異性のタイプは?」と聞かれた時の答えから、それぞれに相性の良い相手を分析いたします。