【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

あなたは「恋は盲目」型? それとも「恋に執着」型?

恋は盲目
「恋は盲目」タイプってどんな人……?
恋が始まったら一直線にまっしぐら、周囲が何と言おうと耳を貸さず、1人で大いに盛り上がり、周りが見えなくなってしまう人っていますよね。付き合ってすぐに結婚や同棲の話が出たりして、常に一緒にいないと気がすまないベッタリ型。こうした人は、恋愛において「盲目型」だと言えるでしょう。

「恋は盲目」型の人は、恋が始まった途端に、勉強や仕事に集中できなくなったりするようです。友人との付き合いもちょっと疎遠になってしまうくらい、恋人との時間を最優先してしまったり。ところが、そんな「盲目型」の人ほど、大好きだったはずの相手と別れた途端に「あの人のどこが良かったんだろう」と不思議に思ったりすることも多く、次への恋の切り替えが比較的早かったりするものです。

それに対し、恋愛中も比較的冷静で、これまでの生活リズムを変えることなく、恋に没頭しないタイプの人もいます。このタイプの人は、自分は自分、相手は相手とお互いの意志を尊重するため、恋人にわがままを言いたくても言えない。本心をさらけ出す前に、理性が働いてガードしてしまうことが多いのではないでしょうか。

しかし、こうしたタイプに限って、恋が終わった後も別れた相手に執着してしまうことが多いようです。似たようなタイプを好きになったり、しばらくして元カレ、元カノと寄りを戻したり。あるいは、なかなか次の恋へと進むことができずにいる。そこで、このような人を私は「盲目型」の対極として、「執着型」と名付けてみました。

なぜ、「恋に執着」型のような人ができてしまうかと言いますと、「恋は盲目」型の人と違って、恋愛中に思いのまま、素直に行動できないために悔いが残るからだと思います。要は、恋の不完全燃焼状態。「こうすればよかった」「こう言っておけばよかった」などの思いが、後々尾を引いて終わった恋に対する執着心になるのです。

次のページでは、「恋は盲目」型と「恋に執着」型の2タイプを組み合わせた3通りのカップルについて、それぞれの相性を診断してみましょう。