お姫様気質の女性の恋愛傾向とは

お嬢様タイプの女性と相性のいい男性は……?

ご実家が裕福で、いわゆるお嬢様学校のご出身であり、ご自分が天下無敵の一級品であることを自覚している誇り高きお嬢様、それがここで言う現代版の「お姫様」です。お姫様は、物語の中では通常王子様と結ばれるもの。しかし現代のお姫様は、現代版「王子様」、つまりお坊ちゃまタイプの男性とあまり相性がよくないようでございます。
私の分析では、お姫様は大きく2つのタイプに分けられます。1つは、美人で派手好み、男性に対してわがままで自由奔放なタイプ。そこがまた、可愛らしい魅力だったりもするのですが。

もう1つは、清楚でどちらかと言えば恋に奥手。わがままなところはお嬢様ゆえにもちろんあるのですが、男性を見る眼は厳しく、かなり現実的な考え方をするタイプ。ここでは仮に、前者をAタイプのお姫様、後者をBタイプのお姫様と呼びましょう。
 

お姫様気質の女性には2つのタイプがある!特徴・恋愛傾向とは?

さて、この2つのタイプのお姫様、その恋愛傾向やいかに……?!

Aタイプのお姫様は、派手好みで自由奔放であるが故に、格式ばったことを嫌う傾向があります。ご自分の実家に対しても、裕福で贅沢ができるのは有り難いと思いつつ、いろいろな制約を面倒だと思っている。ですから、同じようにお坊ちゃまタイプできちんとしたお家柄の王子様とのお付き合いは、お互いの両親を含めた食事会などで窮屈な思いをすることが多いため、できれば避けたいと思っています。

Bタイプのお姫様は、自分がお嬢様であることの自覚が人一倍強いため、周囲に対して常に猜疑心を働かせています。言い寄ってくる男性に対しても、「きっと私自身ではなく、私の“家”に興味があるんだわ」と思ってしまいがち。また、男性を見る眼が厳しいため、お坊ちゃまであること以上に本人に魅力がないと惹かれません。ただ親が金持ちなだけの、のほほんとした王子様には魅力を感じないというわけです。

では、こうした恋愛傾向を持つお姫様は、一体どんな男性と相性がいいのでしょうか。
 

お姫様気質のAタイプ女性:成上がり者がお好き

派手好きなお姫様はきらびやかな世界から離れられない……?

派手好きなお姫様はきらびやかな世界から離れられない……?

贅沢ができて、わがままも聞いてくれる、でも生活には刺激を求めていて、かしこまったことは大嫌い。そんなAタイプのお姫様はズバリ、成上がり者がお好きです。「成上がり」と言うと聞こえは悪いかもしれませんが、要は一代で財を築いた創業社長などがそうで、それはそれは素晴らしい方のことです。

現在、新宿歌舞伎町で老舗のホストクラブを経営する某社長の奥様は、かつて深窓の令嬢と呼ばれたピカピカのお嬢様でした。家柄に合ったエリート銀行マンと結婚するもうまくいかず、その時恋に落ちたお相手はホスト。その後、彼は経営側に回り、いくつものホストクラブを運営する敏腕社長となって、2人はめでたくご結婚しました。まさに、Aタイプのお姫様らしい男性の選択です!

ちなみに、一代で財を築いた創業社長というのは、家柄や先祖代代などという格式や地位にコンプレックスを抱いていることも多いようです。身分ある生まれや育ちでありながらも、そうした地位や格式に何の価値も見出さないAタイプのお姫様は、成上がり者にとっても非常に魅力的。お互いに相性がいいと言えましょう。
 

お姫様気質のBタイプ女性:「しっかり執事」タイプ

一方、恋には奥手だけど男性を見る目は厳しいというBタイプのお姫様は、回りにチヤホヤされている王子様タイプの男性よりも、王子様やお姫様を支える立場の「しっかり執事」タイプがお好きです。

執事は身分や地位のある人に仕え、事務の指図をしたり、実際に事を運んだりする人物のことですが、実際に職として執事をしているかどうかではなく、あくまでもタイプの問題。たとえば、女優とマネージャーのカップルなども、タイプ的にはお姫様としっかり執事のカップルだと言えましょう。

執事はお姫様をサポートしているかのように見えて、じつはリードしているものです。お姫様が生きるも死ぬも、執事の腕にかかっている。名の売れた大物芸能人の場合は別ですが、新人芸能人の場合、マネージャーのマネジメント能力次第で売れるか売れないかが分かれることもあるのですから。

お姫様は、そうした執事の努力や能力を尊敬し、執事はお姫様の持って生まれた魅力や能力に憧憬の念を抱きます。お互いの異なる部分に惹かれあうことでバランスが保たれ、相性がいいと言えるわけですね。

【関連リンク】
相性診断

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。