結婚できない男女の共通点

画像の代替テキスト
なぜ、自分は結婚にいたらないのか。その理由すらもボンヤリしている独身男女は多い。
先日、仕事が終わった流れのゴハン会でのこと。独身30~40代の男女が場の大多数を占めていたせいか、「自分たちはなぜ結婚しないのか?」について話していた。ほとんどの人は、結婚願望はあるし、恋愛はそれなりに経験している。だけど、どうも結婚にはいたらないのだと話す。

しばらく話していて、over30の独身には意外と共通項があることに気付いた。

まずひとつめに、いい年をした独身は、理想の結婚、結婚相手のイメージがどうもボンヤリしていること。
それから、結婚願望があるといっても、「無理してまで結婚しなくてもいいや」「ダメな結婚、いまいちな結婚ならしないほうがマシ」と思っていること。それも、きっと間違った考えではないのだと思う。

しかも、そういう独身は恋愛体質か、もしくは過度なロマンティストだから、一度恋愛すると冷静さを失う場合が多い。恋愛と結婚の違いを頭ではわかっていても、心の中ではいまいち分けられなかったりする。

誰かと恋をすると夢中になって、「この人と結婚するしかない」と短絡的に思いこんでしまったりする(特に女子)。結婚に必要な現実的なこと――生計をどう立てるかとか、家事・育児の分担とか、生活スタイルとか、そういう問題をさほど考えずに突き進んでしまう。その結果、恋心が落ち着いて、いざ、結婚という現実が近づいてくると、「やっぱり違うかな……」と思ってしまうことがザラにある。

詳しくは次のページから