小倉麻美さん
恋愛やセックスの悩みに対し、メールでセラピストもしているという小倉麻美さん
ここでは何度もご登場いただいているので、既にご存知の方も多いと思います。「E ONNA いいおんなのためのWebナビゲーション」というサイトの管理者であり、Web上で恋愛コラムニストとして多くのファンを抱える小倉麻美さん。彼女が言うには、男性が初めて会った女性に対し、ついつい見入ってしまうカラダのパーツによって、セックスの傾向がわかるということです。今回は、男性が初対面で女性におくる目線の先からわかる、セックスの傾向と相性についてお話を伺います。

男性が初対面で目線をおくる、女性のカラダのパーツって……?

――男性が初めて会った女性に対し、思わず見入ってしまうカラダのパーツには、主にどんなところがあるのでしょうか。代表的なものを教えてください。

小倉さん 「男性はそれぞれ、女性に対して初対面で視線をおくる場所が決まっています。それは、好みを判別するファーストステップとも言えるでしょう。興味深いのは、女性が自分で自信を持っているチャームポイントと、男性が注意して見ているパーツは往々にして違う、ということです。

最近、眼ヂカラなどという女性のアクションも定着しました。しかし、ある意味フェティシズムにも通ずる男性の目線は、そんな女性の眼力に左右されないことも多いのです。

男性が初対面で見る場所と言えば、眼がトップです。これは、唇や鼻などといった、そのほかの顔のパーツを見る場合と傾向は同じです。ですから、ここでは眼や唇といった顔のパーツを見る男性は顔全体を見るタイプ、という具合にひと括りに考えてよいでしょう。

それから胸と、脚です。しかし、こうしたセクシュアルなパーツに目線をやるときは、男性も相手の女性に悟られないよう、気をつけるものです。あまりジロジロ見るわけではありませんから、女性は細心の注意を払っていなければ、少々わかりづらいかもしれませんね」

――次のページでは、顔、胸、脚という3つの視線のおくり先から、それぞれのタイプ別に、男性のセックス傾向についてお話をお伺いしましょう。