【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
恋が上手くいかない――「恋人ができない、できても続かない」という女性に意外と多いのが、「過去の男を引きずっている」という悩み。その男のことが、まだ、好きかどうかは置いておいて、何かしらの形で過去の男を忘れられずにいたり、過去の男と上手く付き合えないがゆえに、新しい恋が進まない女
性はたくさんいる。

元カレというぬるま湯

気が付くと、元カレの足跡や近況を検索してしまったり……。現在に集中できていない証拠です
たとえば、元彼ときっぱり切れなずに月一ペースで会い続けているというA子は、別れて3年経った今もいっこうに新しい恋人ができない。決して元彼に未練があるわけじゃないというけれど、「とりあえず、仕事も忙しいし、男っけが全然ないと枯れそうで淋しいから会ってるだけ」「いい男が現れたら別れる」と口グゼのように言うけれど、そう言いつづけながらもう3年。

“元彼”という都合がよくて、そこそこ居心地もいい“ぬるま湯”にひたっているうちは、ハングリー精神はわかないし、恋のアンテナも鈍ってしまうのだろうと思う。

その証拠に、男友だち数人にA子を紹介したことがあるけれど、彼らはそろって、「あの子、切れていない男がいそう」だと言っていた。

もちろん、私からは何も言っていない。男って単純なようでいて、“過去にワケアリな女”に敏感なものだと気づかされた。

それは、他のパターンの“ワケアリ女”も同じこと。

元カレの怨念!?

B子は、2年前、長年の恋人とぐちゃぐちゃな別れを経験した。ほぼ自分の一方的な都合(心変わり)により、もう二度と会えないくらい彼を手ひどく振ったのだ。

彼女は自己嫌悪をひた隠しにしつつ、人前では「仕方ないよね」と吹っ切れた顔をしていた。しばらくして、心変わりした相手と付き合い始めたものの、すぐに別れてしまった。その後もまたすぐに恋人ができたけれど、やっぱり、いまいち上手くいかない……。

これまでは、一度付き合えば長かったのに、なぜ恋愛が続かなくなったのか。
その理由がB子も周囲の友人たちもずっと分からないでいた。けれど、ある日、B子は気づいた。元彼のことを夢に見たのだ。夢の詳しい内容は割愛するけれど、傷ついた彼に恨まれているんじゃないかと恐れている、自分の深層心理に気づかされたのだ。

B子は、自分の想像をはるかに超えて、元彼に対して、ぐちゃぐちゃに壊してしまった恋に対して、罪悪感を抱いていて、その罪悪感が新たな恋を間接的に阻んでいたのだ。

また、まったく異なるケースもある。