恋が壊れるセックスレスの見分け方

画像の代替テキスト
セックスレスよりも、その奥にある心の問題のほうがずっと深刻だ。
同じセックスレスでも、破局につながるものとそうでもないものとがある。その見分け方とチェックポイントとは?

その1/ふたりの性欲レベル&波長は、バランスが取れている?
たとえ、セックス回数が少なかろうと、限りなくゼロに近かろうと、2人の性欲のバランスさえ取れていうまくいく。現在35歳以下の若い世代の男に性欲の低下が叫ばれているけれど、実際に性欲の薄い男はごく普通に存在しているよう。女の性欲もまた人それぞれ。

毎日2回したい男もいれば、月1回で十分な女もいる。その性欲自体も年齢や体力、多忙度によって年々変遷していくだろうけれど、2人の性欲の波長さえあえば、一方ががまんすることもないからうまくいく。セックスがないからといってやみくもに悩まず、自分の中のセックスしたい欲求がさほど強くないならば、それはそれで幸せなのかもしれない。

その2/ 相手に触りたいか、自然と触れるか。
長年付き合っていて、ある時から、相手のことが生理的に受け付けなくなり、セックスレスに陥るカップルは少なくない。そうなると、セックスしないだけでなく、相手と触れ合ったり会話することすら楽しめなくなっていく。

この手のセックスレスは、精神的なダメージによるところが大きいと思う。心以上に体は正直だ。自分でも気付かぬところで相手から傷つけられていたり、相手を信頼できなくなっていると、ある日、セックスできなくなるだけじゃない、相手に触れることすら嫌になってしまうのだ。

相手もまた同じこと。あなたに触れたがったり、キスしたがるなら何の問題もないけれど、近づいたり触れようともしないなら、体だけでなく、心も冷えきっている可能性が高い。こうなると、修復するのは難しい。


以上の2つのチェックポイントを考えてみて、愛情面で根本的な問題がなく、お互いが納得していれば、セックスレスでもとりあえず、問題はないはず。

とはいえ、「セックスレス」が続くと、結局は、別れてしまうカップルはやはり多いのもまた事実。次回は、セックスレスに陥ってしまうカップルの本当の理由と、その解消法をお伝えします。

セックスレスに陥ってしまう本当の理由と、その解消法とは?

【関連記事】
「必見! 最愛のパートナーを見極めるテスト」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。