仕事からプライベートに切り替わるスイッチ、社内恋愛のきっかけは?

社内恋愛のきっかけは?仕事関係の彼を恋モードに持ち込む基本動作

仕事に邁進する30代女性にとって、仕事関係で出会う相手は恋の最有力候補。仕事場って意外とお互いの本質が見られるから。

30女の友人から受ける悩み相談でとりわけ目立つものがある。それは、ひとことでいえば、「仕事関係で出会う男と恋したい!」というもの。

「仕事関係者で気になる男はいるものの、うまく近づけない。プライベートで逢ってみたいし、できれば、恋愛モードに持ち込みたい!」

コレって、よく分かる。キャリアに邁進している30女なら、なおのこと。1日十数時間を費やしている仕事場が最大の出会いの場であるにも関わらず、気になる人がいても、30女の分別で「公私をわけて大人としてしっかりしておかねばいけない」と強く思うせいか、なかなか、恋愛スイッチを入れられない!
 

男性から仕事仲間としての信頼を得たら、あとはリラックス

職場の男と恋に落ちれる女は、基本的にすごく人懐っこい。仕事を完璧にこなすことを最優先させつつも、それが叶ったら、あとは友だちモードでリラックスして対応している。

当たり前のことだけど、恋愛以前に人間同士としての距離が近づかないと、決してプライベートな関係には持ち込めない。いきなり恋ムードをかもさずに、面白そうな人とは話したいっていうスタンスで、いろんな話をふってみるのは得策なのだと思う。単純に自分も楽しいしね。

恋愛砂漠な30女は生真面目がゆえに「仕事仲間とプライベートで仲良くなるのはNG」的なお固いルールを自らにかしてしまいがちだけど、そんな決めつけこそNG。仕事に必死になりすぎると、自分が思うより、ずっと怖いオーラが出てたりするし……。

恋も仕事もある程度経験を積んだ大人なんだし、ちょっと遊び心があってもいい。ギャルじゃないからこそ、魅力的な人とは安易に恋に落ちなくても、人間同士の付き合いができるはず。その彼と恋愛になるかどうかは神のみぞ知るところだけど、そんな余裕が呼び水となっていい恋愛は寄ってくるにちがいない。
 

好意か恋が判別できないようなメールをおくる

仕事仲間のワクを少しだけハミ出して友だちノリの関係になれたら、メールや電話になどで何かしらアクションを起こしてみる。

恋愛上手なM美は、気になる取引先の人には、ちょっとだけ熱のこもった、お礼のメールを送ることが多いという。「○○さんのおかげで、すごくスムーズに行きました」という通常モードの感謝を告げた上で、「もっと○○さんと話したい。飲みましょう!」とキラキラした尊敬のまなざし&無邪気なお誘いをつづる。1通目のメールでは、それが仕事上での好意なのか? プライベートにまで及ぶ好意なのか? 判別不能なところでとめておくらしい。

反応次第で、現時点の相手の気持ちもある程度計れるし、たとえ無反応&断られても、軽いタッチのお誘いなので後味は悪くならない。ちなみに、2人きりで飲みに行くことになれたら、相手もわりとソノ気あり。M美の場合、たとえ1回だけでも2人で飲みに行ったら、ソッコーで恋に落ちる自信があると言い切る……というか、その日のうちにベッドインするタイプらしい?!

さすがに……ベッドインはM美だからこその嗜好だけど、仕事関係の人ってタイミングをまちがえると、ますます踏み込みづらくなってしまうもの。チャンスがあれば、ある程度、ストレートに言ってもいいと思う。核心には触れずとも、「もっと会いたい」くらいは!
 

いろんな角度から彼を見てみる

仕事相手からいきなり恋人は難しくても、遊び仲間になれる確率は高い

仕事相手からいきなり恋人は難しくても、遊び仲間になれる確率は高い

いいなと思う人がいても、やっぱり、立場上&心情的にいきなりは2人きりにはなりづらい相手もいる。その場合、私は彼とだけ友だちモードになるのではなく、彼の周囲の人や自分の周囲の人も巻き込んで仲良くなる。

むしろ、個人的にはよっぽど機会に恵まれた相手じゃなければ、最初は2人よりみんなで遊ぶほうが好き。みんなでロックフェスに行ったり、ゆかたでバーベキューしたりするのが好きなせいもあるけど。気軽に遊んでいると、肩の力をぬいて彼のこともいろんな角度から見れるし、自分のこともいろんな角度から見てもらえる。それは後々、2人なった時、いい恋愛を育てる滋養になる気がする。

以上は、職場の相手を恋モードに持ち込む初歩的な動作であり、小手先のテクニック。

仕事先の人に限らず、出会った人と本物の恋に落ちれるかどうかは、もっと根本的な部分の話があると思う。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。