あなたはどっち? 自分で脱ぎたい? 脱がされたい?

undefined

 

セックスをする時、あなたは自分から服を脱ぎますか?
それとも、彼に脱がせてもらいますか?

どちらを望んでいるかによって、その先のセックスに対する女性の姿勢は2つに分かれます。

大抵の男性は、女性の服を脱がしたいという願望を持っているか、あるいは「女性の服は男性が脱がしてあげるもの」という義務感を持っているかのどちらかだと思います。

しかし、すべての女性が脱がしてほしいと思っているとは限りません。彼女がどちらのタイプであるかを知ることは、Hの相性を良くする上でも大切なことでしょう。

では、自分で脱ぎたい女性と、彼に脱がされたい女性。その心理にはどのような違いがあるのでしょうか?



自分で服を脱ぎたい女性の心理

友人、知人に聞いた結果、どちらかと言えば少数派なのが「自分で脱ぎたい派」でした。

その理由としては、
「男性にとって複雑な構造の服を着ていることが多いので、まごまごされると気分が冷めてしまうから自分で脱ぐ」
「突然の事態であまり綺麗な下着を着けていない時は、あまり見られると恥かしいから自分で脱ぐ」

……といった、「仕方なく」感の強い意見もありました。

しかし、中には、
「変な順番で脱がされたくない」
「自分の気持ちの高まりに合わせたタイミングで脱ぎたい」
「脱ぐ課程すら綺麗に見せたい」
という意見も。

これはつまり、裏を返せば自分の思い通りに脱ぎたい、脱ぐ過程でも相手男性を引き付けたい、という気持ちの表われではないでしょうか。

こうした女性は、その後のセックスにおいてもある程度自分が主導権を握ることを望んでいます。また、下着姿や裸、スタイルやボディラインに自信がある女性も、自ら脱ぐことを望む傾向が強いようです。


相手に服を脱がせてほしい女性の心理

セックスの時、服を脱がせるのは男性の義務……とは、限らないかも

セックスの時、服を脱がせるのは男性の義務……とは、限らないかも

一方、女性の大半は、「できれば服は男性に脱がせてほしい」と思っているようです。「シャツやスカートは手伝う程度でもいいけど、下着ぐらいは男の人に脱がせてもらわないと」という意見もありました。

ただし、脱がせてほしい女性の中でもその理由を探っていくと、3つのタイプに分けられることがわかりました。

1つは、女性が自ら脱ぐのは意気揚揚としているようで恥ずかしい、という「恥じらい」タイプ。
もう1つは、男性が女性の服を脱がすことから前戯が始まっていると考える「奉仕要求」タイプ。
もう1つは、服を脱がされることで気分が高まる、Mっ気の強い「辱め」タイプです。


いずれにしても、脱がせてほしいと思っている女性は受け身で、その後のセックスにおいても相手にリードしてもらうことを望んでいると言えます。

ただし、本当は自分が主導権を握りたいのに、女が率先して行動を起こすことは浅ましいと考える「恥じらい」タイプの場合は、行為の最中に、あるいは関係に慣れてきてから主従が逆転することもあるでしょう。それぞれの男性心理は次のページで解説します。