30女もタイプは千差万別だけど、その女心には最大公約数的な共通項がやっぱりある。そこが、口説きの死角、いわば、狙いどころだ。

30女はとかく男の押しに弱い! よく観察しながら、押して押して押しまくるべし。

画像の代替テキスト
いつもは女子むけのコラムも、今回は男子向けに! 30女のひとりとしてリアルな極意を紹介します。
日々の仕事に追われ続け、すっかり恋愛アンテナが鈍っている30女は自分から誰かを好きになる余裕がない、自家発電で恋を起こせるパワーがない。

ゆえに、とにかく押しの強い男が大好きだ。そういう人はものすごく多くて、私の周囲は「相手に押されたい。押されると弱い」という女子ばかりだし、『SPA!!』のルポでも、7人中3人が「強くアタックされたい」と願っている。

その深層心理としては、実は「女としての自分に自信がないから、相手から強く欲されたい」というもの。一見、無理めに見える美女もバリキャリも、30女は総じて年齢を重ねたことや、しばらく恋愛から離れて仕事ばっかりにかまけていた自分に自信を失いかけている。だから、自分から積極的に出られないのだ。

とはいえ、男子も消極的な時代。果敢にタックルしてくるのは、勘違い男や遊び好きのダメ男、不倫大好きなオヤジばかり。そこで、ハマッて落ちていく30美女を誰か救ってほしい。ちなみに、ちょっと押してみて、YESじゃなくても、それほどNOでもない。微妙なリアクションなら、可能性大! タイミングを見ながら、さらにGOGO! だけど、「絶対ダメ~!」というリアクションなら、どんなに押してもムダなのであしからず。

出会った時から、マメであれ。

女も30超えたら、「待てど暮らせど、一向に連絡をくれない男」に1度ならずと振り回されている人が多い。ゆえに、そこがトラウマや地雷になっていたりする。働く男が忙しいのは百も承知。気の利いたメールはいらないけれど、1~2日にひとことくらいのメールは欲しい。相手をよろこばせるサービス精神と最低限のマメさはやっぱり必要だ。コレができない男が多いからこそ、できる男に女は単純にまいってしまう。

直球勝負や素顔を見せてくれる男が好き。

それなりに恋の経験を積んでいる30女の場合。ムードに酔わせてくれる類の恋の駆け引きは大好きだけど、小手先のテクニックは大嫌い。“オレってすごいんだ”アピールや自慢話も逆効果。器が小ささを測ってしまうもの。

それよりも、直球勝負で向ってきたり、カッコ悪い素顔も見せるピュアな男にこそ、カッコ良さを感じてシビれてしまう。何も難しいことじゃない。女子の前でカッコつけた顔よりも、親友でありライバルでもあるような男友だちの前で見せている顔が、30女からみてもいちばん魅力的なのだ。ちなみに、ピュアって幼児性のことじゃないし、素顔を出すいってもグチのオンパレードはNGです。

次のページでは、最後にして最大の極意をお伝えします。