【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
画像の代替テキスト
堕ちるところまで堕ちないと終らない恋の真理を歌った東京事変の『遭難』は恋の最中に聞きたい!?

働く女にとってバツイチ男は美味しい?

いきなりだけど、最近、恋のことを思うと、東京事変の『遭難』という曲がぐるぐる頭をまわる。「答えが先にわかったとしても、恋はいったん走り出したら止められない。

堕ちるところまで堕ちないと終れないのが恋愛だ」とボーカルの林檎ちゃんがクールに色っぽく歌っている。たしかに、大のオトナがちゃんと好きになったら、たとえその先が崖っぷちだとわかっていても、飛んでしまうしか術はない。……暴走機関車みたいだけど。

恋の理想と現実は当たり前だけど異なる。付き合う前は理想を思い描いているけど、実際に付き合ってみると、期待ハズレな部分は、どんな相手にでも必ずある。その最たる例が、(誤解を恐れずに、ひとくくりにすれば)バツイチ男だ。

実は男の人が思うより、働く大人の女にとってバツイチ男の評価は高い。だから、周囲でもバツイチ男と付き合ってる子はホントーに多い。30女側の見解としては、「傷ついた分だけ、優しさを身につけていそう」「包容力がありそう」「2番目の妻には優しいはず」(半ば妄想?)。だから、結論として「女に対しても理解がありそう!」に思えるのだ。そして何より、一度は結婚というメンドくさいことを引き受けた責任感(のありそうなところ)もまた魅力的。たとえ、それが若気の至りだったとしても、ね。

だから、3回目のデートでいいムードになった時、深刻な面差しで「実はオレ、バツイチなんだ……」とか言われても、「あ、そうなんだ」くらいの軽いレシーブしか返さない。親の頭が昭和初期だとしても、本人が30も過ぎてれば、バツイチなみの経験値と傷を背負ってる子も多いんだから(籍を入れてるか入れてないかの問題で、ディープな恋愛のひとつも経験してるでしょう。半数くらいの人は)。

次のページではバツイチ男の本性にせまります。