【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
間接的に言われるのが、一番困る。
間接的に言われるのが、一番困る。
昨今の婚活ブームの中で、女性たちは、「誰もが、結婚しなければいけない」と言わんばかりの強い論調に晒されています。私の元に寄せられる相談でも、神にも祈る気持ちで、男性からのプロポーズを、心待ちにしている女性たちがたくさんいます。

先日もある飲み会で、結婚を控えた男性に、未婚女性たちは、「どうして結婚しようと思ったの?」「何が決め手だったの?」と、質問攻めにしていました。

男性が嫌がるのは、間接的なアプローチ

一方、男性たちは、付き合ってる女性からの「結婚をほのめかされる態度」に、気持ちが萎えていることも分かりました。「gooランキング」の「彼女に結婚を迫られてる感じがして冷めてしまった事ランキング」によると、男性は、以下のような行動を好まないようです。

彼女に結婚を迫られてる感じがして冷めてしまった事TOP5
1位:婚姻届を見えるところに置かれる
2位:結婚情報誌を買い集める
3位:「親が孫を見たいと言っている」と言われる
4位:彼女の両親に会わせられる
5位:○○歳までには結婚したいなと言われる

他には、「彼女に、友達の結婚式や2次会の話を熱心にされると、つい話を反らしたくなる」という男性の声も、耳にします。

二人が結婚することに合意できていれば問題ない行為ばかりですが、彼の気持ちが冷めてしまうということは、彼と彼女の「結婚の意思」や「タイミング」に、ズレが生じていることの表れなのでしょう。