【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
付き合い始めは、あんなにデートも盛り上がったのに。
付き合い始めは、あんなにデートも盛り上がったのに。
最近、何人かの女性から、デートについて、似たような相談を伺いました。

・学生時代から交際を始めたユリさん(仮名)は、今26歳。交際歴4年。
「付き合って1,2年のころは、週末ごとに出かけていたのに、最近はデートの回数が激減しました。お互い社会人になり、彼の仕事が忙しいのも分かる。だから、付き合いも長いから、仕方ないのかもとも思う。でも、あまりに会う回数が少ないと、私たちの関係って一体何なの?」

・30歳のカナコさん(仮名)も、付き合って8カ月の同じ年の彼とのデートに不満を持っていました。
「最近は二人で会うといっても、いつも一人暮らしの彼の家で、過ごすことが多くなりました。結婚する前から、まるでマンネリ夫婦のような雰囲気です。この相手と、一生過ごしていいのか、正直迷ってしまう。」

あなたのまわりにも、このような悩みを持っている女性はいませんか?
昨年の「2009ユーキャン新語・流行語大賞」トップテンに選ばれた「草食男子」という言葉のおかげで、男性に責任を求め、「恋愛にパワーのない男性」に不満を持っている女性が増えたのではないでしょうか?しかし、男性ばかりに、二人の関係がうまくいかない原因を求めていると、なかなか関係を改善させる突破口を見付けることは難しいでしょう。