結婚生活の実態は語られない

こんな結婚式をしてみたいな~!
こんな結婚式をしてみたいな~!
結婚情報誌のテレビCMを見て、「こんな風に、彼が私との結婚を考えてくれたら嬉しいな。」と想像し、大好きな彼からのプロポーズシーンや、理想のウエディングプランを頭の中でイメージした人も多いでしょう。

ただ世間は、結婚そのものを奨励するけれど、その後の生活で展開されることについて、ほとんど予備知識を与えてくれることはありません。
私たちの情報源も、自分の親や友人夫婦、時にインターネットの相談掲示板を参考に、だいたいこんなものだと予想したりする程度。
結婚・ウエディング産業もサポートしてくれるのは、出会いから結婚式の当日までなのだから、その先は本人たちに任されて、実践で場数を踏んでいくしかありません。

結婚は幸せだけを運ぶ「チケット」ではない

現実を踏まえた上で、幸せになる努力を!
現実を踏まえた上で、幸せになる努力を!
結婚をすると、どんな素晴らしいことが起こるでしょうか?
人生を共に歩むパートナーを得るということは、自分一人ではできなかったことが、二人が力を合わせることで実現する可能性を広げることにもなります。
しかし、それと同時に、自分ではコントロールできない領域―パートナーの人生―を引き受ける「覚悟」も必要になります。

また、どんな時も味方でいてくれる有難い存在を得ると同時に、パートナーにとっても、自分が誰よりも一番の理解者であるように、絶えず自分を鍛練していく「責任」も伴います。

当然、その中には、今まで自分が慣れ親しんだ「常識」を改めなければいけないことや、自分が成長しなければ乗り越えられないこともたくさん待っています。結婚とは、そんなチャレンジングなプロジェクトなのです。