2.ストレートに相手を褒める

人には「自己是認欲求」という基本的な欲求があります。自分のことを認めたいと思っても、自画自賛だけでは満たされず、人から認められ、賞賛されることによって初めて満たされます。

「お世辞は嫌い」と口では言っていても、「すごいね!」「そういうところが素敵!」と褒められると、まんざらでもない気になるものです。

頭の中で思った褒め言葉は飲み込まず、ストレートに表現しましょう。褒めてくれる人は、「自分のことをちゃんと見てくれている人」だと思うようになるので、恋愛対象になるための近道となります。

3.別れどきの寂しさを伝える

見つめ合う男女
「寂しい」と言えないなら、「楽しくて時間があっという間に過ぎたよ」と言い換えても良いでしょう。
「自分は友だちだから」と線引きをして、感情を押し殺していませんか? 恋愛で距離を縮めるためには、自分の内面をさらけ出すことも大切です。普段人には見せない姿を見せることで、「自分に気を許してくれている」と思い、「自分もありのままを見せよう」という気持ちになります。

会っているときの別れ際は、寂しい気持ちになりますよね? その感情は素直に表現しましょう。裏返すと、「楽しかった」「会えて嬉しい」というメッセージになります。そして、「また会いたい」という電話やメールをすれば、好意も伝わるはずです。


恥ずかしがっていても、恋は進まない!?