男目線のいい女の定義とは何?

男目線のいい女の条件

出会ったその日にたくさんモテようが最終的に信頼できる一人の男性と結ばれることなのです!


先月、久々に合コンに参加したのですが5つ下の友人の同僚に男性の人気が集中。あまりにも男性陣の露骨過ぎる行動に他に参加していた女性陣はドン引きな飲み会になってしまいました。

本当に女性から見ても素敵と思える子であれば仕方ないのですが、確かにカワイイけれど平気でいない人の悪口を言うようなタイプで、男性陣の前では急に態度が変わったりと好きになれないタイプでした。

同時にそんな女なのにルックスだけでチヤホヤする男性にも腹立たしく感じましたが、所詮、男性はカワイイだけでもコロッといってしまうものなのでしょうか?男性が思う「いい女の定義」とは一体何なのでしょうか?
   

男性からのモテ度と自身の幸せの満たされ度は比例しません!

「美人でないと恋愛できないの?」ということですが、これを読んでいる皆さんの中でも過去に本当は性格が悪いのに、顔がカワイイだけで男性からチヤホヤされたりしているのを見て悔しい思いをした経験が一度はあるのではないでしょうか?

今回のテーマである「オトコ目線のいい女」の定義についてですが、もちろんルックスと恋愛におけるモテ度合いは関係してきますが、ただ実際における日々の心の満たされ度は必ずしもイコールではないのが答えではないでしょうか。今日はそんな男性が思う恋愛と結婚における<いい女>を探っていきたいと思います。
 

男性は見た目を重視すると理解する!

ズバリ男性目線からみる「いいオンナ」の基準とは何でしょうか?
ストレートすぎてクレームがきちゃいそうですが・・・やはりキレイな女性が第一印象では圧倒的に強いのが現実です。さらにそこに実年齢やスタイル、ファッション、性格などの要素が絡み合って男性からのモテ度が決まってきます。

男性の多くは自分の見た目(ルックスが良い悪い)や立場に関係なく、ほぼ8割以上がそれぞれの好みの違いはあっても理想はルックス重視であると思ってもらっていいと思います。

続いてなぜ男性は女性よりもルックスにこだわるのでしょうか?

まず男性は女性に「お金や地位」など他の付加価値を求めていないからです。その代わりに自身の満足感と他者に対しての優越感を得るために美人の彼女や奥さんを手にしたい傾向があります。いい車に乗りたい、いい家に住むなど小さい時からの男子特有の成功願望に近いと思います。

女性の場合には、男性に対してもっとリアルな要素(経済力、地位など)で価値を図っていくことでしょう。ただ顔がカッコイイだけの理由で選べば自分が不幸になるリスクがあります。なので、それらの要素を求めるのは自分の人生を守っていく術であり本能といえるでしょう。
 

男も恋人と結婚で求めるものが変ってくるというのがカギです!

男だって連れて歩くのにいい女と家庭の中でのいい女を見分ける嗅覚を持っているのです!
女性からすれば、ただカワイイだけで中身がない女性が男性からチヤホヤされているのを冷ややかに見てしまうものでしょう。ただ男だってそこまでバカじゃありません・・・あくまでもルックスなんて一つのきっかけでしかないのでご安心下さい。

実際に男性の場合は「恋人」と「結婚相手」に求める条件が違ってくるということを理解すれば、女性にとっていい出会いにつながってくることでしょう。もちろん女性と同じように結婚相手として考えれば、より慎重に相手を選ぶという点は変わりませんが、もしかすると男性の方が女性よりも現実的かも知れません。

男は若い時に出来る限り自分好みのルックスの女性と付き合うことを目指して頑張っていきます。ただ恋愛市場を見渡せばカワイイ女性は多くの男性からの求愛が集中するので一番強い「選べる立場」となります。そんなモテる意中の相手を射止めるためには、学生時や仕事とも違うモテるための競争から勝ち上がらなくてはいけません。

実際に10~20代できちんとリアルな恋愛をしてきた男性は、自分がどれだけ恋愛市場における価値があるのか、つまりモテる男なのか判断できるようになっていくものです。男性も女性も現実から逃げてバーチャルな恋愛をしている人ほどこの理想と現実のギャップの判断がつかなくて結婚は苦労することになります。
 

結婚でモテる女性になるのが人生の勝負の分かれ目です!

先に言ったように男性もそんな20代で健全な恋愛体験をすることで女性に対しての価値観を学んでいきます。つまり結婚相手には、女性特有の優しさや気遣い、子供を産むための丈夫な体、知性や常識などを全てブレンドして選んでいきます。

若い時はルックスだけでもたくさんモテますが、ある時期からルックスやファッションなど外見的な部分だけをアピールしたり、ちょっと男性を見下したような態度が出たりすれば、いわゆる結婚相手としていい男性からは自然と選ばれなくなってくるのです。自分が思う「キレイ=価値ある女性」と、男性が思う「現実のお嫁さん像」としての価値にギャップが出てくるので気をつけて下さい。

周りを見渡してみてもうまくいってるカップルや夫婦を見るとやっぱり似ているものです。つまりそんな二人は鏡であり、対の関係なのです。若いとそこがまだ調和できなくて失敗するカップルや夫婦も多いですが、女性は自分の内面を磨いていくことで必ず自分に見合う男性と出会うはずなのです。

女性はたくさんの男性からモテる必要はありません。結婚市場においては自分の「対であり鏡」となる素敵なパートナーと結ばれることが、その後の人生における「幸せ度」の明暗を分けます。自分の価値を認めてくれるオンリーワンの男性から選ばれる「いい女」を、ぜひ目指していきましょう!

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。