男が結婚を決意するきっかけになる5つの瞬間!

男性も女性同様に結婚は人生における一番大きな転機だからこそ慎重になるのは間違いないのです
1:適齢時
まず年齢はやはり大きいきっかけだと思われます。ただ30歳を超えたからではなく社会人になって一生懸命に仕事を頑張って自分の経済状況も考えて冷静に周りのことを見渡せたせるので30歳を節目とした前後に男性も女性同様に結婚を意識します。

もちろん自分の友人の中にも既婚者が増えてくるので女性同様に20代後半から30代前半に付き合う人と結婚するケースが多いのも特徴です。なのでこの時期にきちんと付き合っているカップルは日常の会話の中に将来の話をまぶしていって彼の反応を探っていくことは大切です。

2:失恋時
20代後半~30代に入ってすぐに付き合った女性と結婚を意識したのに結果的には男性が振られるケースも多々あります。要は女性から見て結婚対象でなかったというケースです。結構、男性はナイーブなのでそんな時に非常に寂しくなったりして弱るので、その後にすごい大恋愛でなく次に付き合った女性とそのまま結婚していくケースもよくあります。ただ面白いことに実際にはこのようなカップルは結婚後にかなりの確率で上手くいっている夫婦が多いです。以前から書いてるように人間性や性格に惹かれた場合、恋愛ではなくまさに結婚するべくして出会った必然型結婚のカップルと言えます。

3:不安時
30代に入ると男性チームでも「いつ結婚するの?」なんて日常会話の中で頻繁に話題になります。そこでしばらく彼女がいないと、このまま一人だったらどうしようかなと考えた時に少し不安を感じた時です。2番目の失恋ケースではあまり時間をおかずに次への交際に発展するのに対して、コチラは彼女のいない期間が結構空くことで結婚への思いも強くなる男性のケースです。

もちろんこれは年齢ともリンクしていきますが、「このまま独りだったらどうしよう・・・」と感じた時に、すぐに行動に移せる男の婚活行動型タイプだと、シングル交流パーティーに行ったり、マッチングサービスを利用したりします。このタイプでも30代前半だと現実的に結婚へ辿りつくのですが、年齢が上がるにしたがって彼女がいなくて現実の恋愛から遠ざかること理想だけが高くなり結婚難民化していくタイプもあります。

次のページでも男がさらなる結婚へと踏み切らせる要因を探っていきます!