春は夏より多い!? 外国からの観光客

欧米から日本を訪れる観光客、実は夏よりも春のほうが多いってご存知でしたか?

日本政府観光局(JNTO)の「国籍/月別 訪日外客数(観光客)」という統計によると、月別の訪日観光客数は、夏休みである7・8月の合計より、3・4月の合計のほうが多いのです(2007・2008年ともに。ヨーロッパと北アメリカからの観光客数合計で比較)。

その理由は、3・4月にはイースター・ホリデーとスプリング・ブレイクという休暇があるからなのですね。

イースター(復活祭)は移動祝日で、年によって(教会によっても)日付が異なります。基本的に「春分の日の後にくる最初の満月の次の日曜日」をイースターとして、その前の金曜日から翌月曜日までの4日間がイースター・ホリデーとなっています。

スプリング・ブレイクは、学校の春学期の中休みとして、3月に1週間~10日間ほどある休暇のことです。

今年だからこそ、外国人ゲストを案内したい場所は?

これらの休暇を利用して、お子さん連れで日本に帰省する方もいるでしょうし、パートナーのご家族が来日したり、高校生や大学生の姪っ子甥っ子が遊びに来るというケースもあると思います。

この観光シーズンは桜のシーズンとほぼ重なっているので、案内する時はお花見の要素も加えてみると喜ばれると思いますよ♪

特に、今年2010年のお花見は“今しか見られない”がキーワード。おすすめの「桜と“今だけ”スポット」をご紹介します。


■東京なら絶対ココです!! 刻々、景観が変化している!?

■関西にはmust seeスポットが2カ所! 今逃すと5年間見られないモノと今年だけの期間限定大イベント♪