欧米の結婚祝いの習慣は?

中身を知らないプレゼントを開ける時のワクワク感も好きですが、欲しい物をいただけたらもっとウレシイですよね
日本の結婚式では、新郎新婦へのお祝いに「ご祝儀」としてお金を包むのが一般的ですが、そのような習慣がない欧米では、プレゼントを贈るのがふつうです。しかも、ある合理的な方法がよく使われています。

それは「ウェディング・レジストリ」または「リスト・ド・マリアージュ」と呼ばれるもの。新郎新婦があらかじめ欲しい物のリストを作成しておいて、プレゼントする側はそのリストの中からご自分の予算に合った品物を選んで贈るという方法です。

もともとフランスで行われていたリスト・ド・マリアージュ(「結婚のためのリスト」の意味)という風習が、海を渡ってウェディング・レジストリとなり、「ウィッシュリスト」に発展したようですね。ちなみにウィッシュリストは、結婚祝いだけでなく、お誕生日や記念日、出産祝いなどに幅広く用いられます。

両方がハッピーに……♪

ウェディング・レジストリやリスト・ド・マリアージュの利点は、何といっても“自分たちの欲しい物をプレゼントしてもらえる”ということでしょう。高価な物をいただいても2人の趣味やライフスタイルに合わないこともありますし、同じような品が重なってしまうこともあります。でも、この方法なら重複も防げますし、不要な物をいただいてしまう心配もありません。

贈る側としても、アレコレ悩む手間が省けます。結婚祝いって、選ぶのに意外と悩みますよね。自分は好きだけどお2人はどうだろう?とか、もう同じものを持っているんじゃないか?とか……。それに予算もありますから、コレだ!という物が見つかるまで、何軒もお店をまわったりしなければなりません。

しかし、リストがあれば事は簡単! その中から自分の予算に合った物を選べばいいのです。友達と一緒に、ワンランク上の物を贈ってもいいですね。
双方ハッピーになる便利なシステムなのです。


もともとはこんなお店から始まりました……