ホワイトデーのお返しは?

プレゼントにちょっとお花を添えると女性は嬉しさ倍増!?
3月14日はホワイトデー。バレンタインデーにチョコレートやプレゼントをくれた奥様や恋人に、お返しにどんなものを贈ったらいいか、悩んでいる方もいるのでは?

東急ハンズの最新の調査では、女性が本命の彼からお返しにもらいたいものは「アクセサリー」がトップ(37.0%)で、2位が「お菓子」(16.6%)だそう。でも、義理チョコのお返しなら、半数以上(57.7%)の人が「お菓子」でいいと思っているようですよ。
東急ハンズ:「ホワイトデーのお返しに関する調査結果」[PDF]

つまり、奥様や本命の彼女には、やはり何か残るものをプレゼントするのがいいということですよね。お菓子を贈るにしても“義理チョコのお返し用”とは一線を画して、高級スイーツを選ぶとか、自分で作ってみるとか(最近、そういう男性が意外に多いようですし)、スペシャル感が漂うお菓子にするといいと思います。

でも、おすすめは……

やっぱりイチオシはお花です!

「逆チョコだけじゃダメ? 花束はMUST!!」でも紹介したように、データを見ると、女性はお花をいただくのがと~っても好きということがよく分かります。だから、やっぱりお花を添えるのがおすすめ♪ プレゼントに小さなブーケや1輪だけバラを添えるという演出は素敵だと思いますよ。

“あとに残る”という意味では、プリザーブドフラワーもいいですね。これは、生花をそのまま長期間保存できるように加工したもの。みずみずしさ・色鮮やかさを保ったまま、数か月~1年も楽しめるのです。バラエティも豊富で、大きめのブーケやアレンジメントもありますし、壁掛け用にリースや額に入ったデザインもあります。小さなものでは、小物入れやミニぬいぐるみ、スイーツと組み合わせたアレンジが多く、プレゼントに最適! ネットオーダーもできますので、ぜひ試してみては?

こちらの記事もご参考に↓
「素敵なプリザーブドフラワー」 【フラワーアレンジメント】
「ホワイトデーに花を贈るなら…」 【ガーデニング】

逆チョコにはどのようなお返しを?

この日はテーブルのデコレーションにも凝ってみましょう
バレンタインデーに男性から女性へ……というのは、基本的に欧米の習慣なので、その日を2人で楽しめたのなら、お返しの必要はないと思います。特に、ホワイトデーは日本でつくられたイベントですから、海外にお住まいの方には気にしなくてもいい日、……なのですが……

そこは日本的に、やっぱりお返ししたいという奥様もいるでしょう。ちょっとしたサプライズで、驚かせてもみたいですしね♪

まずは、【恋愛】のエキスパート、石田陽子さんのこの記事をどうぞ! たくさんヒントが出ていると思いますよ。↓
「『逆チョコ』のお返し、どうする!?」

私からのおすすめは、ゴージャスなディナーを奥様が手作りすること。外食したと思って高い食材を買えば味も見栄えもグンと引き立つし、シャンパンを添えればそれだけで特別な気分になりますよね。テーブルにキャンドルやお花を飾ればパーフェクト!

それぞれの工夫と演出で、素敵なホワイトデーをお過ごしください♪


【関連リンク】
All About 「ホワイトデー特集」




 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。