夏休み、外国人ゲストを案内するポイントは?

梅雨が明けて、本格的な夏の観光シーズンになりましたね。最近は外国の方も日本にrainy seasonがあるのを知っていて、避けて来る旅行者も増えています。そこで、これから外国からのお客様を迎える方のために、東京案内のおすすめコースをご紹介します。

その前に注意ポイントを幾つか……。

まず、日本の夏は半端なく暑いということを、ゲストの方たちにも伝えておきましょうね。そして無理のないスケジュールで過ごせるように、考えてあげてください。いろいろ見せたい気持ちは分かりますが、決して詰め込みすぎないように……。

旅行中はご本人たちが感じている以上に身体が疲れていますから(時差の影響もありますし)、途中で適宜、休憩を入れるようにしてください。カフェなどに入って座って一息つくと、かなりリフレッシュします。涼をとるだけなら、デパートもおすすめ。そしてこまめに水分を取ることも忘れずに。

ホテルが近かったら、午後は1度ホテルに戻って、お昼寝休憩を入れてもいいですね。特にご高齢の方には必要かも。欧米の方なら、夕食前に一度ホテルに戻ってシャワーを浴びたいでしょうから、そんな時間も考慮してあげてください。