紹介したい“お花見文化”

水面に映る姿も美しい新宿御苑の桜

暖冬の今年、とても早い桜の開花予想が出されたと思ったら、気象庁の計算ミスだったことが分かり、お詫び会見まで開かれました。
日本人のお花見への思い入れの強さが、またよく分かった感じですね。

でもやっぱり私たち、この季節を心待ちにしているのですよね。
最近では、外国の人たちにもこの“お花見文化”が伝わり、見てみたいと思っている方が多いようです。

そこで今年もお花見特集をお送りします。
今回はお花見の名所を<東京編>と<京都編>に分けてご紹介します。
外国人パートナーやそのご家族、外国からのお友達と一緒に、ぜひどうぞ!!

新宿御苑

場所取りに戦々恐々としていないのが御苑の花見客です

そもそも新宿という街が、外国人ツーリストにたいへん人気の高い場所。そこでお花見ができるのですから、ぜひ立ち寄っていただきたいスポットです。

新宿御苑は有料で、開園時間も限られていますので、しっとりゆっくり桜を観賞できるのが特徴。ベロンベロンの酔っぱらいなどはいませんから、安心して楽しめます。
バックに見える高層ビルとのコントラストも、なんとも新宿っぽくておすすめです。

上野公園

「ぼんぼり」もお花見所の風物詩。今年はアノ開花宣言のために、早く設置してしまったとか

新宿御苑と対照的なのが、上野公園と言えるかもしれません。こちらは典型的な日本のお花見風景が楽しめます。
え? ↑じゃなくて「花を見ろ」って?
そうですよね~、桜を見に来たのですから。

でも、外国の方にとっては、桜の下で飲んで歌ったり、その場所取りをしたりというお花見文化も、興味津々なのです。そちらにカメラを向けている人が、けっこう多いですからね。

無料ですし、交通が便利で比較的どこからでも行きやすく、夜もライトアップされて楽しめることから、ここもおすすめスポットです。

千鳥が淵

こんなに大きな桜が真横から眺められるのはお濠端ならでは

たいへんな人気で混雑する場所ですが、風情がある桜としてはピカ1。お濠に枝を落とす桜の大木は、目線と同じ高さで眺めることができ、並木道や公園では見られない風景を作り出しています。

近くに北の丸公園などもありますので、ゆっくり散策しながらの観賞がおすすめ。ライトアップされた夜桜も美しいです。


まだまだある都内のお花見スポットは、次ページへ