夫婦の間で趣味や嗜好が違うのはよくある話ですが、ここに“文化の違い”が入ってくると、話がほんのちょっとだけ、ややこしくなります。
今だから笑って話せるのですが、私たち夫婦もこんなことがありました。

カフェ好きな妻の場合


ほっとしたい時、逆に気合いを入れたい時も、1杯のコーヒーは欠かせません
私はけっこうコーヒー好き。編集者時代は「さあ~、これからじっくり原稿に取り組むぞ~っ」という時は、その前に必ずコーヒーを淹れるのが習慣でした。あの香りが脳を刺激してくれるのと、そのコーヒーを淹れる行為自体が、気持ちの切り替えになるのです。

カナダに行ってからもそれは変わらず、当時まだ日本には上陸していなかったスターバックスは、すぐに私のお気に入りの場所になりました。

一時期カフェインを控えていたことがあって、そのときはスタバに行くのも我慢していたし、家ではもっぱらハーブティーを飲んでいたのですが、ムリに我慢するのもかえって身体に悪かろうと思い、現在では1日に1杯だけ(多くても2杯まで)、自分に許すことにしています。

で、その控えていた時期に感じたのですが、私は、コーヒー自体ももちろん好きなのですけれど、それ以上に“カフェの雰囲気”というものが好きみたい。あと“カフェで過ごす時間”ですね。
あの香りの中で、ほっと一息つく時間が、なんとも言えず好きなのです。

だから、外出すると、必ずカフェでブレイクしたくなっちゃう。別に疲れていなくても、私にとっては必要な時間です。

旅先でも取材先でも、国内外問わず、ステキなカフェがあったら、必ず立ち寄ります。もちろん事前にガイドブックなどで見つけておいて、そこを目指して行くこともありますけどね。

自分がこうだし、カフェ好きの友達もいっぱいいて、「お茶しよっか~♪」がくつろぐ時の合言葉になっていたりするから、私は“人は普通こういう場所と時間が好きなんだ”と、何の疑いもなく思っていました(コーヒーは苦手な人でも、紅茶や他の飲み物だってありますしね)。

ところが……

最も身近に、カフェには何の興味も持っていない人がいました~ →