2005年9月25日まで愛知県にて開催中。テーマは「自然の叡智」

愛知万博、開催中!

3月25日から9月25日まで185日間にわたって、愛知万博「愛・地球博」が開催されています。

万博というと、日本では、1970年の大阪万博、75年の沖縄海洋博、85年の筑波科学博などが思い出されますよね。大阪花博というのもありました。
でも、特定のテーマが設定されていない“総合博”というのは、大阪万博以来で、実に35年ぶりなのだそうです。国際的にも2000年のハノーバー以来なので、21世紀では世界初の万博ということになります。
こう聞くと、ちょっと行ってみたくなりませんか?

入場方法や攻略法は、All About の「愛知万博特集」で各ガイドが腕をふるって記事を書いていますので、ここでは国際カップルならではのおすすめの過ごし方をご紹介しようと思います。

パートナーの国のパビリオンに行こう!

愛知万博の公式参加出展国は121カ国(05年5月現在)あります。おそらく国際カップルのパートナーの国は、ほとんど出展されているのではないでしょうか。

そこで、国際カップルだからできる楽しみ方は↓
パートナーの国のパビリオンに行こう!

各国のパビリオンではどんなものが見られるかというと……

基本的な展示は、国についてのデータ、産業の紹介、美術・伝統工芸品の展示、お土産のショップ、食のコーナー(スタンド、カフェ、レストランetc.)などです。

また、その国の特長を打ち出した、目玉となる展示を展開しているパビリオンもあります。たとえば、映画、ライブステージ(音楽、ダンスなど)、ライドアトラクション、実演体験などなど……。

このように、自分の国のパビリオンに行けば、パートナーは故郷の香りにどっぷり浸れるわけですよね。あなた自身もパートナーの国への理解をより深められるチャンス。話で聞くより展示など目で見るほうが伝わりやすいものもありますから。
外国人の恋人やお友達と行くなら、これをきかっけに話がはずむこと請け合いです。

そして、当然のことながら、各国のパビリオンにはその国出身のスタッフが大勢働いています。ですからパートナーが、自分の国の人と母国語で話せるわけです。
これ、案外ウレシイ体験なんですよね。特に、結婚で日本に住むようになり、まだ一度も母国に里帰りしていないとか、まわりに母国語で話せるお友達がいないというパートナーには、本当に心和むひと時となると思います。
留学や仕事で日本に来ているお友達などもしかり。
忙しいときでなければ、日本で自国の人と話せて、スタッフの人たちもけっこう喜んでくれますよ。

○公式参加出展国一覧:
愛知万博公式ホームページ
Top
>EXPOガイド>公式参加出展国・国際機関>公式参加出展国

○各国パビリオンの展示内容はこちらのページで:
愛知万博公式ホームページ
Top
>パビリオン>グローバル・コモン(外国館)


>>>見るだけでなく、こんな体験も……>>>