パパとママを主役にしたウエディング!

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/2/1/2/0/3/daondgaze.jpg
両家のパパとママが海に向かって愛を誓う! なんて想像するだけで素敵!
トシさん「ズバリ、ウエディングをプレゼントしちゃうんです。」
ガイド「ウエディングってハワイ挙式のことですか?」
トシさん「はい。自分たちのウエディングの翌日以降に、サプライズで挙式をセッティングしておくんです。オアフ島にはたくさんの教会やチャペルがあります。ホテルのガーデンでも挙式ができるんです。手配会社によってはドレスや衣裳がパックになったプランもありますし、わざわざドレスを着なくてもアロハタイア(ハワイの正装で、アロハシャツとムームーの組み合わせ)でもいいですよね。」
ガイド「素敵ですね、挙式だけであれば、500ドルくらいから叶いますもんね。親御さんの世代にはご事情があって結婚式をしていない、という方も少なくありませんよね。」
トシさん「また、きちんと結婚式を当時挙げられている場合でも、30年、40年経って、もう一度夫婦の愛を確かめ合う儀式の場を提供して差し上げると、必ず喜ばれますよ。」
ガイド「特にお母さんは女性ですから、いくつになってもサプライズは嬉しいことでしょうね。カップルが自分たちと同じ教会を選んでもいいですし、牧師先生が司るキリスト教スタイルでもよいですし……子どもたちや友人が愛の誓いを見届ける人前式スタイルでもいいですし、選択肢もさまざまですね!」
トシさん「挙式の後は美しいビーチでプロのフォトグラファーに写真撮影を依頼すれば、そのアルバムが何よりの親孝行プレゼントになるのではないでしょうか。」
ガイド「なるほど、サプライズ挙式を親孝行のためにプレゼントする、これは夫婦の絆と家族の絆が深まる最高のアイデアですね!」
トシさん「そしてまた1年後、5年後、10年後の記念日にオアフ島へみなさんでいらしてください。お待ちしています。」
いかがでしたか? おふたりのウエディングを担当している手配会社へ親孝行挙式について、ぜひ相談してみてください。オアフ島観光局のトシさんには次回「ドライブのすすめ」についてお聞きしたいと思います! オアフ島挙式を控えている方は必見、旅の基本情報をはじめ、ニュースやイベントの最新情報満載WEBサイト[オアフ島観光局オフィシャルサイト]をチェックしてくださいね。【関連リンク】やっぱり行きたい!ベタにハワイ挙式後悔しない! 海外挙式の作り方 5ステップ海外挙式の一日の流れをチェックしよう!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。