茶褐色のトロトロカレーソース

ご覧のカレーライスは、神田神保町の老舗カレー専門店「共栄堂」のスマトラカレーの「ポーク」である。
画像の代替テキスト
ポークカレー900円

小ぶりで柔らかな豚肉がゴロゴロと転がり、茶褐色のソースは滑らかにして奥深い旨味がたっぷり、一度体験したらその美味しさから逃れることが出来ないだろう。 共栄堂に出合ったのは学生の頃である。恥ずかしながら僕は文学少年で、神保町の古本屋で初版本や絶版本を漁る日々を過ごしていた。お目当ての本が見つかれば、この界隈の「古瀬戸」、「ミロンガ」、「さぼうる」という喫茶店で過ごしたものだった。ちょいと小銭があれば、神保町名物「いもや」のとんかつか、天丼なのだろうが、僕の場合は決まって「共栄堂」のカレーだった。
家庭のカレーから脱皮し、インドカレーの魅力にはまった頃だったが、ここのカレーはどのジャンルにも属さない味わいのカレーで、茶褐色に佇む色合いのソースは、トロトロで心地よくネットリト舌に絡み付く旨味。その仄かなビターの舌触りは、背伸び盛りの僕にとって大人のカレーを感じさせてくれたのだ。