【視覚】


整然ともつれ合っているという、まことに不思議な状態でそばは提供される。箸をつける前に、数秒間でいいからその様子のいい視覚を楽しもうではないか。ここで期待される条件は、そばを手繰るために麺を猪口につけるとき、思いきり手を高く上にのばさなければならないほど「しっかりと長い」こと、麺が適切な時間で茹でられるように「太さが揃っている」こと、包丁で切られた「麺のエッジがすぱっと立って」いること、盛りつけられた麺線が清々しく「つややか」なこと、そして「深い色合い」に馴染んでいることである。
もっと読む