驚嘆の上ミノ

写真上はこちらも名品の、美しいピンク色のぷるりとした上ミノ。一切れごとに薄く包丁を入れて3枚の花びらのように開く、こまやかな仕事ぶりです。
私はコリコリした歯ごたえが上ミノの特長だと思っていましたから、この厳選された上ミノの持つ絶妙の柔らかな食感には驚嘆するばかり。

総じて九州の焼肉店のホルモン系はレベルが高いそうですが、その中でもカルビ亭の上ミノは地元の人々もお墨つきの逸品でした。

この後、本当に良いものが入ったときしか出さないというレバーが続き、脂のまろやかなヒレなど、もはや、おいしくないわけがないでしょう!の世界に入ってしまいました。また、締めくくりの蒸しごはん「ちまき」がほかほかと湯気のあがるたまらない風味で、“食いしん坊の不幸”がひとつ増えてしまったのです。

食いしん坊の不幸、それは「そのお店に行かなければ食べられない美味」を知ってしまうこと、そして「人に教えてあげて自慢したいけれど、混雑しては困るので秘密にしておきたい」というジレンマに心が引き裂かれること。

私にカルビ亭の存在を教えてくれたのは東京の人ですが、「カルビ亭の特選タンと上ミノを知ったら、他のお店で食べられなくなった」と、ことあるごとに福岡行きの飛行機に飛び乗りたくて懊悩しているそうです(笑)

▼正解のオーダー方法は