教えてくれた人……荒井淳さん+赤沼瑞穂さん

【プロフィール】
○荒井さん:cafe FLOWERオーナー。
「タコライスはカフェになくてはならないメニューだけに、cafe FLOWERならではの特徴を出したいと思っていました。姿はタコライスでもまったく違うもの、くらいアレンジしたほうが面白いと思い、このレシピを考えました」

○赤沼さん:cafe FLOWERスタッフ。
「盛りつけは高さを出すとより一層おいしく見えるので、ご飯に高さを出すようにして、具材は乗せるという感じで仕上げています」

材料(1人分)



合挽き肉…50g
春巻きの皮…1枚
ピザ用チーズ…20g
セロリ…10cm
豆板醤(とうばんじゃん)…小さじ1/2弱
甜面醤(てんめんじゃん)…大さじ1
カレー粉…小さじ1.5
おろしニンニク…耳かき1杯分
おろしショウガ…耳かき1杯分
しょうゆ…小さじ2
日本酒…小さじ2
タコソース(チリソース)…大さじ3 ※
※トマト、チリペッパー、青唐辛子、ハラペーニョなどが入ったスパイシーなソース。辛さを強調したものやマイルドなものなど、さまざまな種類が市販されていますので、お好みで選んでください。

ワンポイント

味つけと食感にひと工夫を凝らしたタコライスです。
挽き肉の味つけは、豆板醤と甜面醤。
仕上げに加える少量のカレー粉が、親しみやすい味わいの秘訣です。
タコスのかわりに春巻きの皮を揚げて使用し、ぱりっとした軽やかな歯ごたえを楽しみます。

作り方


1:春巻きの皮を半分に折り、1cm幅に切る。
■荒井さん:「この春巻きの皮は、素揚げしてトッピングに使います。一般的なタコライスでは、タコスを使うことが多いのですが、ちょっとバリバリと硬い食感ですよね? cafe FLOWERではもっと歯ごたえを軽やかにしたいので、春巻きの皮を使います」



2:小鍋に揚げ油を入れて180℃に熱し、春巻きの皮をキツネ色に
なるまで揚げる。こんがり色づいたら、キッチンペーパーなどの上にのせ、
よく油をきっておく。

3:セロリは1cmの角切り、レタスはせん切りにする。
プチトマトはヘタを取り、1個を4等分する。



4:フライパンにサラダ油をひいて熱し、挽き肉を入れる。
挽き肉の色が変わるまで中火で炒める。



5:挽き肉の色が変わったら、セロリを加えてさらに炒め、
しょうゆ、日本酒、おろしニンニク、おろしショウガ、豆板醤、
甜面醤を加えてよく炒め合わせる。
■「豆板醤と甜面醤を加えることによって、味にコクと深みが増します」

最後にカレー粉を加えてさっと混ぜ、すぐに火を止める。
■「カレー粉は香りづけ。味にちょっとした懐かしさや、親しみやすさが加わります」



6:お皿にごはんを盛りつけ、チーズをのせる。
■「ごはんの熱と、上にのせる挽き肉の熱で、チーズが溶けるんですよ」



7:挽き肉、レタスを順にこんもりとのせていく。
レタスの上にタコソースをかけ、春巻きの皮をのせる。
お皿の周囲にプチトマトを飾ってできあがり。

▼cafe FLOWERはこんなカフェです。
▼cafe FLOWERの荒井さんにインタビュー
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。