横浜のcafe FLOWERのオーナー荒井淳さんは、根っから飲食業界で働くことが楽しく、充実感があるといいます。いずれは自分の店を持つという目標を胸に、何軒もの飲食店で働きながら開業資金を貯め、お料理やワイン、カクテルについて学んできました。その体験談とおいしい記憶をうかがいました。
カフェフラワー荒井さん
Q1 cafe FLOWERのお料理作りで特にこだわっていることは何ですか?

まず、楽しいお皿(盛り付け)であること。
そして、お客様の立場になって美味しいと感じられるか、ということ。
何かオリジナリティを打ち出すこと。

Q2 cafe FLOWERで特に人気のあるメニューを3品あげてください。

◎オリジナルタコライス
チリソースをベースにしていますが、カレー粉も隠し味に使って、よ~く味わうとドライカレーのような味にしています。

◎厚切りハムとフレッシュチーズのホットサンド
やはり定番がでます。
チーズにモッツァレラ、パルミジャーノを使い、チーズの味に違いを出しています。

◎山盛り!ムール貝の酒蒸し
ベルギーに行ったとき、山盛りのムール貝が鍋ごと出てくるスタイルが忘れられず、絶対やりたかった一品。
大盛りなので、テーブルでまず歓声があがります。
無駄な味付けをしない、味も好評。

Q3 cafe FLOWERのキッチンで起きたアクシデントをこっそり教えてください。

真夏にホールも含めてすべてのエアコンが止まってしまい、汗だくでランチを作っていたこと・・・でしょうか。

Q4 カフェをオープンする前はお酒中心の飲食店で働いていた荒井さん。ソムリエの資格をお持ちだそうですが、ソムリエ修業中に学んだことは何でしょうか?

舌の使い方。
味の感じ方。
試験前にワインバーでテイスティングの練習をしてましたが、集まってくる人の中には協会の方もいて、こっそり出題の傾向などを教えてもらったりしました。
やはり人と人のつながりは大切だと学びました。
ソムリエナイフ
Q5 今日のお昼ごはんは何を召し上がりましたか? おいしかったですか?

店を抜け出して近くのカフェへ。
チリビーンズで煮込んだポークのランチプレートをいただきました。
美味しかったし勉強になりました。

Q6 よく行く飲食店はどこですか? なぜ、そのお店が好きなのですか?

近くのバー。
知り合いがいるから・・・やはり人でしょうか。

Q7 子どもの頃、苦手だった食べ物はありますか? 克服できましたか?

何でも食べる好き嫌いのない子供でした。
母親が料理上手でなんでも美味しかったです。