都内では一杯三千円が札幌では千円!


加哩激場麺
▲見た目も美しい加哩麺

「一杯三千円で完全予約制」ということで話題になった東京・中目黒にある「藤巻激城」。その姉妹店が2009年7月6日、札幌にオープンしたと聞いて早速行ってみた。

本店は、住宅街に異様に佇む豪勢な店舗だったが、こちらは本店を知っていると意外に質素で逆に驚く。

ベースはタイ料理の応用でココナッツミルクやいろいろなスパイスを混ぜて作った甘辛酸のスープに特注麺。挽肉もたっぷり。具には意外にも目玉焼きと揚げ麺など。途中でレモンを絞って食べると酸味がすっきり感を提供し、味が変化して楽しい。

本店は三千円だが、こちらは千円。しかし味は遜色ない。この手のラーメンでもラーメンとして違和感を覚えないのであれば、相当うまいと言っていい。なので、これを食べて「ラーメンじゃない!」とか言い出さないように。そういう人には行ってもらってもしょうがない。

こういう「ラーメン」があってもいい、と思う。しかもスタイルから味から新しい提案なので、こういう「異端のラーメン」が受け入れられて、もっともっと様々なスタイルのラーメンに登場して欲しいと思う。