2009年3月6日で15周年を迎えた「新横浜ラーメン博物館」
福井県敦賀市の「中華そば一力」に続いて、「みんなのふるさとラーメン」期間限定第二弾・会津若松市の「牛乳屋食堂」が3月6日にオープンした。

私は会津の出身なので「会津のラーメン」が新横浜ラーメン博物館に出店することは大変感慨深い。思えば1994年創館時にも「喜多方ラーメン」の「大安食堂」が出店しており、「会津のラーメン」としては2軒目になる。これもまたラーメン処としては胸を張れる。

ユニークな店名は80年の歴史有り

牛乳屋食堂
▲地下一階、有名人気店「支那そばや」の向かいに出店。
昭和初期にまさに店名通りの「牛乳屋」さんを創業。鉄道の開通と共に初代のキヨノさんが隣人の中国人に「支那そば」を教えてもらい、ラーメンを始めたのがきっかけ。その後、現在の四代目まで女性店主が引き継いでいる。


ラー博初か?ご飯物とのセットメニューがメイン!


牛乳屋食堂
▲かつ丼とラーメンとのセットメニューがメイン!


牛乳屋食堂と言えば、ラーメンも人気だが忘れてはならないのがかつ丼である。煮込みソースかつ丼とソースかつ丼のミニがそれぞれ用意されている。もちろんラーメンにもミニがあり、さらにはミニミニセット(かつ丼もラーメンもミニ)もあるので安心。


麺は中太麺と極太麺から選択

牛乳屋食堂
▲豚ガラ・鶏ガラを煮込んだ清湯ベースの懐かしさを感じるシンプルな味わい。
煮干し・豚ガラ・鶏ガラ野菜などを煮込んだ透明感のある懐かしさを感じるスープ。醤油ダレは地元のものを使用。麺は会津特有の多加水熟成麺で極太麺と中太麺から選択。