京都の先斗町(ぽんとちょう)と言うと♪富士の高嶺に降る雪も~京都先斗町に降る雪も~雪に変わりはあるじゃなし♪というお座敷小唄を思い出す。子供の頃に聞いた歌だがなんとなく胸をワクワクさせる響きがあった。幼心に「一度行ってみたい」などと考えていたのかもしれない。そんな数十年前の思いがかなったのである。でも来たのは「ラーメン店」である。



街並みにフィットした外観と内装

宝屋
「宝屋 先斗町」の外観
先斗町(ぽんとちょう)は京都を代表する花街で、夜遊びスポットでもある。三条駅から行くと、その入り口近くにあるのが「宝屋 先斗町店」。夜のみの営業なので暗がりで撮った写真で失礼。

ラーメン店という雰囲気ではなく、場所に合わせた作りになっているところがいい。店内に入ってもその雰囲気は損なわず、店員の元気良さと接客が心地よい。


先斗町店限定の新味がお薦め

宝屋
新味すましラーメン 850円
「宝屋」は京都を中心に7店舗あるがチェーン店という表現は正しくない。それぞれの店に味を作る店長が存在し、各店舗それぞれでスープを炊いているからだ。通常なら7店舗にもなると、セントラルキッチンでスープを一括生産し、コスト削減と品質の安定化をはかるものだが、どの店舗も店長のクオリティが高く、まるで同じスープを使用しているかのような安定差がウリだとか。

そして、各店舗ごとに別の部分で個性を出しているわけだが、ここ「先斗町店」は店長のフレンチ経験を活かして作った“新味すましラーメン”が人気だ。スープはコンソメのように丁寧に取った清湯で粗挽き胡椒を浮かせてある。

具は、鶏つくねとゴボウの素揚げと異色の組み合わせ。鶏つくねはちゃんと仕事されており、実にウマイ。ゴボウはビジュアルと風味担当か。さらに驚かされるのがモツァレラチーズやベーコン。これらのトッピングも洋風のアプローチながら、見事に「ラーメン」として完成させているところが凄い。

麺は長野の製麺所と何度も何度も試行錯誤して作ったという特注平打ち麺。つるつるしながらもあっさりスープをうまく持ち上げて、うまさを十分引き連れてくる。先斗町で飲んだ後はもちろん、飲む前でも、いや、これを食べに行くだけでも十分かも?


<店データ>
■熟成細麺 宝屋 先斗町店
所在地:京都市中京区石屋町122-5
電話: 075-222-2778
営業時間:17:00-翌2:00
定休日:水曜
地図:Yahoo!地図情報

宝屋ホームページ

京都の関連記事
純濃厚スープ 亜喜英@京都
北京都のラーメン屋さん
目の前で繰り広げられるパフォーマンス付きラーメン 目の前のラーメンから火柱が!!

ガイドが選んだ京都ガイドブック・本 ツウな旅に!使える京都ガイド本
懐石料理を学ぶ、京都のプラチナ休日
旅のスタイルを変える、京都コンシェルジュ

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。