ラーメン店も数あれば、不思議なこともたくさんある。今回紹介する店は、そんな中でも実に不思議な店。めちゃめちゃ美味いのになぜか混まない。つまり、並ばずに美味しいラーメンが食べられる珍しい店なのだ。
 
マスコミ取材拒否などの穴場店ではない。うまいからマスコミ露出はむしろ多い方。交通不便な僻地にあるわけでもない。住所は中央区銀座。

■クリアなスープの「塩ラーメン」■


お薦めは塩ラーメン。
化学調味料を使わずに作るクリアな黄金スープ、細めながらコシの強い縮れ麺、とろけるように柔らかいチャーシューと香ばしい揚げネギ。シンプルながら、絶品である。ここに二黄卵(黄身が二つ入って大きめ)の味付玉子をトッピングすると至福の時を迎えられるのだ。いずれもやや高めの値段設定と思うかもしれないが、それだけのものを提供しているのは間違いない。

不思議、と言っておきながら実は答えはわかっている。リピートが少ないのだ。美味いのにリピートが少ないのは店主の性格及び接客態度にある。初めて来店した女性に「うちの玉子は黄身が二つ入ってるんだけど、どこで取れたか知ってる?」とクイズを出す。答えは「君津(黄身ツー)もしくはニコタマ」とのこと。

あまりのオヤジギャグに、ついつい笑ってしまうけど(これが良くないのかも?)、ふと我に返った時に完全に引いてしまうに違いない。知り合いが来ると話し込んでしまうこともしばしば。美味くても「また来よう」という気にならないのであろう。

■かなり大きい二黄卵の半熟味玉入り■


本人はいたって一生懸命である。客を楽しませようという気持ちからの行動ともいえる。店は土日休みだが、日曜は朝早くから、時間をかけて仕込みをしている。美味しいラーメンを作るための努力は惜しまないのだ。だからこそ、美味しいラーメンが出てくるのである。冗談で「仕込みだけして、店に顔を出さなければもっと流行るんじゃないんですか?」と言ったこともあるが半分本音だったりもする。

最初からそういう店なんだ、と知ってから行ってもらえばきっと満足できる店だと思う。
(※この記事は週刊現代の『今週のラーメンNO.1』に加筆修正した物です。)

【DATA】店名:らーめん 勇(いさむ) 最寄駅: 新橋(昭和通りを東へ行き、昭和シェルGSの路地2本裏(右からも左からも行ける))  住所: 中央区銀座8-15-6  TEL: 非公開 営業時間: 11:30-15:00、17:30-21:00  休日: 土日祝 メニュー: 中華そば750 塩ラーメン800 油めん750
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。