秋川の「特一冨屋」の向かいにあった「一番」がリニュアルし、自家製麺の店に変わった、という話を聞いて行ってきました。

どこにも店名が見当たらないので聞いてみたら「池谷精肉店」に しようと思います、と・・・。ん?なんで“精肉店”なんだ。よくわかりません。そこまでは聞きませんでした。
(←後日、暖簾の端に店名が書かれました。写真に駐車場があるようなものが写っておりますが駐車場はありませんのでご注意ください。)

私が入ったときには、常連?らしき人が食べた感想を言っておりました。「なんか、うどんみたいだねぇ」と不服の様子。でも店主は「いや、こういうのをやってみたかったんです。本当は、つけ麺用に作った麺なんですけど・・・」

中華そばとつけ麺が自家製の極太麺でとん塩と海塩が細麺。(細麺と言っても、中太くらい。)そのお客さんは中華そばを食べた感想を言っていたようです。私はつけ麺を食べましたが確かにあの麺は中華そばだと太すぎるのかも?(^^;

つけ麺の方は、コシの強いもっちりした麺でつけ汁は濃いめ。なかなか美味しかったです。ただかなりしょっぱかったです。
続いて、とん塩。豚骨スープと和風ダシのブレンドだそうです。さっきとうって変わって、こちらはちょっと薄味。
個人的には、つけ麺がお薦めです。

それにしてもユニークな店名です。調べてみたら、茨城には「豊崎自転車商会」というラーメン店もあるようです。(笑)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。