ネット依存性タイプチェック!

下の【A】から【C】の質問に対して、Yesがいくつあるか数えてください。

テスト【A】
1. 仕事でも趣味でも、人より優位に立ちたい。(負けず嫌い)
2. 子供の頃からリーダータイプ。誉められることが大好き。
3. 好奇心が旺盛で、色々なことにチャレンジをしてきた。
4. 過去に熱中して今は止めてしまたことが3つ以上ある。
5. 不利だと分かっていても意地になってしまうことがよくある。

テスト【B】
1. 決められたことはきちんとやらないと気がすまない。
2. 規則正しい、あまり変化のない生活をしている。
3. 毎日ほぼ同じ時間にインターネットに繋ぐ。
4. 日々習慣にしていることがたまたまでもできない日があると気分が悪い。
5. 何かに夢中になることはあまりないが、コツコツと続ける。

テスト【C】
1. 今の自分に満足していない、もしくは劣等感をもっている。
2. 他人に意見をされると、とても傷つく
3. 家庭や職場など、人間関係がうまくいっていない。
4. 自分は被害者だと思う。
5. 孤独を感じる。


【A】でYesが3つ以上当てはまる人は『熱中型』

【A】の質問のうち、Yesと回答した数が3つ以上あるあなたは、『熱中型』です。上昇志向が強く、負けず嫌いなため、“勝つ快感”を求めてネットゲームや掲示板での論争などにのめり込みがちです。夢中になっている時は、家族や恋人など周囲の人に何を言われても耳を貸さない傾向があり、仕事中などもついついインターネットのことを考えたりしてしまいます。知らず知らずに周囲の人とのコミュニケーションや本来やるべきことをないがしろにしていないか注意が必要! また、子供は集中力があるが自己コントロール力が未熟なため、この『熱中型』になりやすい傾向があります。

■『熱中型』依存性から脱する方法、周囲に『熱中型』のネット依存性の人がいる場合の対処法はこちらをご覧ください。


【B】でYesが3つ以上当てはまる人は『習慣型』

【B】の質問のうち、Yesと回答した数が3つ以上あるあなたは、『習慣型』の依存性になる可能性があります。この『習慣型』の特徴は、「毎朝起きたらすぐにネットに繋ぐ」「寝る前には必ずネットゲームをやる」というように、習慣化してしまうことです。上記の『熱中型』のようなのめり込み方をしないので一見目立ちませんが、「定期的にやらないと気がすまない」「ネットから離れると不安」という心理的な不安感などを伴うようになると、なかなか依存から離脱できない傾向があります。「メールを定期的にチェックしないと不安」「帰宅が遅くなっても、ネットゲームをやらないと眠れない」というような状態になってしまったら危険な兆候です!

■『習慣型』依存性から脱する方法、周囲に『習慣型』のネット依存性の人がいる場合の対処法はこちらをご覧ください。


【C】でYesが3つ以上当てはまる人は『現実逃避型』

【C】の質問のうち、Yesと回答した数が3つ以上あるあなたは、『現実逃避型』です。3つのタイプのうち、ハマってしまうと最も危険、かつ離脱が難しいのがこのタイプ。「匿名性」と「広域性」いう特徴をもつインターネットでは、理想的な自分像に成りすますことや、自分と「同じ傷を持つ」仲間を簡単に見つけるいことが可能です。現実の世界から逃避し、社会問題となっているひきこもりニートと呼ばれる状態に最もなりやすいのがこのタイプです。また、唯一の“居場所”であるインターネットの世界でトラブルが起きると、過剰に反応してしまうこともあります。

■『現実逃避型』依存性の事例はこちら


※【A】から【C】の質問で、複数の項目で3つ以上当てはまる場合は、当てはまった全てのタイプの要素があると考えられます。


次のページでは、まずは『熱狂型』依存性の克服法依存性の人への対処法をご紹介します!>>次のページへ